菜乃花 2018年10月04日号

1位はやっぱりあの力士?「敢闘精神あふれる力士」登場回数ランキング

掲載日時 2018年08月19日 14時09分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

1位はやっぱりあの力士?「敢闘精神あふれる力士」登場回数ランキング

 日本相撲協会が、来場者及びに公式サイト・アプリの有料会員向けに実施している「敢闘精神あふれる力士」アンケート。各日に行われる取組を元に、思い思いの1票を投じるという趣旨の試みだ。投票経験があるという方も少なくないだろう。

 全投票結果の内、上位3名までが日にちごとに公開されてもいるこのアンケートだが、これまでの60日間で述べ34人の力士が3位以内に選出されている。それでは、前述の34人における、現時点までの登場回数トップ3の力士は果たして誰なのか。下位から順に紹介していきたい。

 登場回数17回(1位2回・2位8回・3位7回)を記録し、3位となったのが西前頭3枚目(7月場所時点)・貴景勝。2017年初場所での新入幕からわずか1年で三役に昇進したその実力は、好角家たちの目にも好意的に映っているようだ。

 21回(1位8回・2位8回・3位5回)の登場で2位につけているのが東前頭3枚目・阿炎。横綱・白鵬相手に初金星を挙げた5月場所6日目でのインタビューが話題となったことも記憶に新しいが、こうした言動もまた票を集めた一因となっているのかもしれない。

 そして、登場回数27回(1位15回・2位10回・3位2回)でダントツの1位となったのが東前頭6枚目・遠藤。端正な顔立ちが“スー女”を中心に絶大な人気を誇っていることに加え、度重なる怪我の末5月場所で念願の三役昇進を掴んだという経緯を考えると、ある意味当然の結果とも言えるだろう。

 以上が、7月場所終了時点までの登場回数トップ3の力士たち。好角家たちの“トレンド”となっているこの3名には、今後も要注目といったところだ。

 ちなみに、4位には15回(1位7回・2位4回・3位4回)で大関・栃ノ心が、5位には13回で大関・豪栄道(1位2回・2位4回・3位7回)と関脇・御嶽海(1位7回・2位4回・3位2回)がそれぞれ位置している。残る2場所次第では、トップ3の顔ぶれに変動が生じる可能性も大いにあるだろう。

文 / 柴田雅人

関連記事
御嶽海はどうなる?平成の大相撲で誕生した初優勝力士たちの翌場所結果
「私は誰でしょう!?」日本相撲協会公式ツイッター出題のクイズが話題
「相撲ダメだな」元横綱朝青龍、横綱全員不在の7月場所に“物言い” SNSでは賛否
勝ち星・内容で高いハードル 9月場所の御嶽海が臨む大関取り
それは“慣習”ではなく“悪習” 高安対御嶽海戦でも投じられた座布団

スポーツ新着記事

» もっと見る

1位はやっぱりあの力士?「敢闘精神あふれる力士」登場回数ランキング

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP