菜乃花 2018年10月04日号

ボートレース 『GI福岡チャンピオンカップ』の見どころ

掲載日時 2018年06月01日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年6月14日号

 全国的にも層の厚さは最上位といえる福岡支部。新鋭からベテランまでSG級がゴロゴロいる。そのお膝元の福岡ボートレース場で、伝統の周年記念『GI福岡チャンピオンカップ』が6月2日より開催される。
 果たして、地元が優勝戦線をリードしていくのか? 地元意識の強い福岡の伝統GIを展望していきたい。

 今回の斡旋を見ると「最古参」が今垣光太郎というところにまずは驚く。ベテランよりも若手に重心を置いた斡旋となっていることが分かる。その中で最も期待を寄せたいのが、羽野直也と仲谷颯仁である。この2人は今やSG級。遠征の顔ぶれも強力だが、今回は優勝戦線の有力候補に推したい。
 羽野はSGオールスターでも気を吐いた。初日に6枠、4枠で(2)(1)という素晴らしい船出。仲谷もすでにGIウイナーの仲間入りを果たし、SGでも堂々たる立ち回り。両者は相手が誰であろうと力負けはなく、本命として期待を寄せたい。

 他にも福岡支部には平田忠則、岡崎恭裕、西山貴浩、篠崎仁志、前田将太と豪華キャストがそろう。
 ただ、遠征も手強い。特に桐生順平、茅原悠紀、毒島誠というニュージェネレーションの代表格が参戦。いずれにしても優勝戦線は新世代の面々がリードしていく可能性が高い。ここにベテラン、中堅組がどう立ち向かうかもシリーズの見どころである。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 『GI福岡チャンピオンカップ』の見どころ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP