菜乃花 2018年10月04日号

早くも崩壊秒読みが囁かれる『嵐』相葉雅紀の月9ドラマ主演抜擢

掲載日時 2017年03月08日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年3月16日号

 「終わりの始まりだ。失敗したら亀山千広社長も退任ということになる」と囁くのはフジテレビ幹部だ。
 同局が看板枠“月9ドラマ”の再起を狙って担ぎ出したのが人気グループ・嵐の相葉雅紀(34)。この4月で30周年を迎える節目を飾るのにふさわしいと、フジテレビが三顧の礼をもって『貴族探偵』に相葉をキャスティングしたという。
 もっとも、
 「本来は相葉ではなかったんです。グループ一番人気の松本潤が本命だった。次が二宮和也、そして櫻井翔、続いて大野智。残念ながら相葉は、意中の人ではなかったんです」(芸能事情通)

 嵐を抱えるジャニーズ事務所が、人気メンバーを出さなかった理由は明白だ。
 「月9ブランドの人気凋落です。SMAPが解散した今、ジャニーズの屋台骨を支えているのは嵐と関ジャニ∞です。そんな大事な時期に、松本や二宮をフジに出して、ヤケドをさせるわけにはいかないですからね」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、フジとジャニーズ事務所の間には数十年来の蜜月関係がある。
 「すべてにNOとは言えず、話し合いの結果、メンバーの誰かしらを出す方向で調整が始まったんです」(制作会社プロデューサー)

 そんな中で白羽の矢が立ったのが、相葉だったというのだ。
 「正直言って、相葉はメンバーの中でも話芸が乏しく、キャラ立ちもイマイチ。前々からお荷物的存在だったが、SMAP解散で風向きが大きく変わってきた。嵐の役割がこれまで以上に重要視されることになり、ジャニーズとしても相葉を何としてでも盛り上げていかなければいけないという話になったんです」(前出・芸能プロ関係者)

 昨年、つたない司会でバッシングされたNHK紅白歌合戦の抜擢も、ジャニーズの意向が大きく反映された結果だったという。いずれにせよ、相葉で勝負をしなければならないフジテレビ局内には早くも悲壮感が漂っている。
 「相葉の他に、他局ドラマで一線級と言われる役者をキャスティングすることになったんです。これはジャニーズからの強い要望です。武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵らが脇を固めるばかりか、全員が相葉と初共演。制作費も1億円超えですよ。しかも、ドラマでは何の実績もない相葉でさえ1本300万円オーバー。フジはジャニーズにしゃぶりつくされているといっても過言ではない。仮に月9が惨敗しても、フジのギャラ実績で他局に交渉ができるからです」(同)

 そんな相葉だが、スタッフの苛立ちを知ってか知らずか、セリフがなかなか覚えられないという。月9崩壊は秒読み段階に突入だ。

芸能新着記事

» もっと見る

早くも崩壊秒読みが囁かれる『嵐』相葉雅紀の月9ドラマ主演抜擢

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP