林ゆめ 2018年12月6日号

『残業のせいで結婚できない』? 働く女性の結婚と労働時間の意外な関連性とは

掲載日時 2018年06月30日 22時36分 [社会] / 提供元 リアルライブ

『残業のせいで結婚できない』? 働く女性の結婚と労働時間の意外な関連性とは

 ランスタッド株式会社の調査で、働く未婚女子の4割が『残業は婚活に悪影響を及ぼす』と感じていることが分かった。残業のせいで「恋人を作る意欲がわかない」「意欲はあっても活動ができない」という回答が非常に多かったようだ。たしかに残業と婚活は密に関係がありそうだが、婚活がうまくいかない原因は本当にそれだけなのだろうか。

 25日、この調査結果を受け、都内で同社EAP総研所長の川西由美子氏と楽天オーネット・マーケティング部副部長の長岡正光氏による対談が行われた。テーマは「働く女性と結婚」だ。

 独身の川西氏は「私はこれまで仕事のプライオリティが高かった。忙しくて時間がないというのは言いわけで、結婚の意思がなかったんだと思う。どんなに残業が多くても、意思を持っていれば結婚は可能?」と長岡氏に質問。リアルな婚活現場を知る長岡氏は「はい。結婚できるかどうかは仕事の量や質と必ずしも相関しない。自分のゴールを明確にして、行動できるかどうか」と語った。

 とはいえ、残業が多い女子にとってその意思を“持ち続ける”ことは容易ではないだろう。実際、「残業で疲れ切って婚活する気になれない…」「頑張って出会いの場に行っても次につながらない。もう疲れた」「仕事で疲れていると睡眠優先になっちゃう」という声は多く上がっている。

 そこでストレス対策の専門家でもある川西氏に「残業で疲れた女子は、婚活のモチベーションを保ちづらい。どうしたら保てるのか?」という質問を投げかけてみた。すると「(ストレスの観点から)働く未婚女子は“遊び方改革”が必要かもしれない」と川西氏。遊び方改革とは、仕事の後や週末に予定を入れるなど、自分のプライベートを充実させることだという。シンプルな方法だが、実践すると“忙しさのせいにして逃げていた自分”に気付くことになるだろう。

 残業で疲労がたまると、婚活意欲が下がってしまうのは事実だろうが、どうやら働く未婚女子に今必要なのは「時間」ではなく「切り替え脳」のようだ。

関連記事
“産婦人科に入っていくJK、避妊具も付けずにアホか”現役有名教師、ツイッター発言が炎上
柴崎選手の女性ファンは怯える日々? 元アイドル真野恵里菜との結婚報告が秒読みか
「客に暴\言を吐いた」バスの運転手が処分 その理由に同情の声
「パチンコ番組、全力でやれバカ!」有吉の一喝で覚醒した、元SDN48野呂佳代というモンスター
川栄李奈の一人勝ちにまゆゆは続けるか AKB48卒業後、明暗を分けたのは…

社会新着記事

» もっと見る

『残業のせいで結婚できない』? 働く女性の結婚と労働時間の意外な関連性とは

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP