菜乃花 2018年10月04日号

大物芸人を次々に囲い込むNHKのあきれた金満体質

掲載日時 2015年09月19日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2015年9月24日号

大物芸人を次々に囲い込むNHKのあきれた金満体質

  今、民放キー局を心底、震え上がらせているのが、NHKのバラエティー番組編成戦略だ。
 「莫大な予算にモノを言わせて、人気芸人や大御所と呼ばれる芸人らの囲い込みを始めたんです。民放各局が制作費を削る中、NHKだけはいまだ制作費をキープしている。あり余る金で、民放では実現できないバラエティー番組の構想を打ち立て、芸人らを集めるわけです」(放送関係者)

 実際にNHKの地上波および衛星波の番組表を見てみれば、誰もが知っている芸能人の名前ばかり。『ブラタモリ』のタモリや、『鶴瓶の家族に乾杯』の笑福亭鶴瓶、『となりのシムラ』の志村けん、『探検バクモン』の爆笑問題、『LIFE〜人生に捧げるコント〜』の内村光良、『着信御礼!ケータイ大喜利』では、今田耕司や板尾創路、千原ジュニア。さらにBSプレミアでは『たけしアート☆ビート』のビートたけしなどなど…。
 「過去にも松本人志のコント番組を放送している。以前は、人気芸人らにとってNHKは民放の2番手だったが今は違う。優先順位は間違いなく1番だ」(民放テレビ局関係者)

 芸人らに人気の理由は出演料だ。民放では絶対に太刀打ちできない高額な条件を提示するという。
 「例えばタモリですが、民放では上限額が200万円〜。最高額を支払うフジテレビでさえ、これが限界です。でもNHKは長期契約やBS&CS、オンデマンドなどの出演料も込みという条件で300万円以上を支払うんです。同様にたけしが350万円〜、爆笑問題が200万円〜、鶴瓶が250万円〜、内村が230万円〜。今田と板尾、千原はそれぞれ120万円〜、130万円〜、100万円〜となるが、それでも民放に比べたら破格の金額ですよ」(前出・放送関係者)

 バカ高いのは番組制作費も同様だ。
 「ゴールデン&プライム帯のバラエティー番組の制作費ですが、日テレが1本1200万円〜、TBSが2500万円〜、フジが3500万円〜、テレ朝が3000万円〜、テレ東が1500万円〜。それに対しNHKは最低4000万円〜。内村や志村のコント番組はドラマと同じセットを使用するため、1本当たり5000万円以上になるんです」(制作会社幹部)

 しかも、これだけの金額を投入しても番組視聴率は一切、問われないから驚きだ。
 「NHKは、人気芸人を起用し莫大な制作費を投入しても視聴率で二桁を出す番組は皆無だと言ってもいい。民放なら担当者は間違いなくクビですよ。出演する芸人らも責任を問われない上に、ギャラもいいから笑いに集中できる」(放送作家)

 NHKに人気芸人らが殺到するのも当然か。

芸能新着記事

» もっと見る

大物芸人を次々に囲い込むNHKのあきれた金満体質

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP