菜乃花 2018年10月04日号

持ち味は“空回り”?第一子誕生のパンサー尾形、生き残りの道は

掲載日時 2018年03月08日 12時05分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

持ち味は“空回り”?第一子誕生のパンサー尾形、生き残りの道は

 お笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘に第一子が誕生した。公式ツイッターでは、生まれたばかりの女の子を抱く様子もツイートされた。尾形は一般人女性と、2017年の3月9日に持ちギャグ「サンキュー」にかけて入籍していた。おめでたいといえるが、パンサーのポジションは危ういままだといえるだろう。

 「パンサーは、2010年から2011年にかけてブレイクを果たしますが、現在はキー局のレギュラー番組は0本です。最初はそろってイケメンといったことで注目を集めますが、『尾形が空回りしすぎ』『これといった持ちネタがない』といった地味なキャラクターで、徐々にテレビからフェードアウトしていきました。同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーの後輩で、3人組のジャングルポケットにポジションを奪われてしまったともいえますね」(放送作家)

 パンサーは、それぞれのメンバーがコンビ解散を経験している。苦労人であるといえるが、その分メンバー間の意思疎通がうまくいっていなかったともいえるだろう。

 「パンサーの中でも、尾形は大学卒業後、会社員を経て東京NSCの8期生に入学したため、今年で41歳をむかえる年長者です。同期の出世頭はスリムクラブのほか、馬鹿よ貴方はの平井“ファラオ”光などがいますね。ただ、吉本のルールとしては、コンビやトリオを解散し再結成した場合には、芸歴が一番下の人間にあわせるため、メンバー最年少の向井慧と同じ11期扱いとなります」(前出・同)

 家族を持ったことで、尾形にとっては芸能界で生き残るためには、今がふんばりどころといえるだろう。スベリギャグばかりではない、新しいキャラクター開発にも期待したいところだ。

関連記事
ネタ切れで「総集編」となる…?期待薄な、『めちゃイケ』最終回5時間SP
パンサー向井、又吉直樹と同居解消で「あとは又吉さんに抱かれるだけ」
相方への不満が可愛い…サンドウィッチマン、強面同士のあふれる仲良し感
「サバサバ系女子は思いやりがないだけ」山里、女性への不満吐き散らす
不倫夫、改心した?田中哲司、仲間由紀恵の妊活に合わせて遊びをセーブ

芸能新着記事

» もっと見る

持ち味は“空回り”?第一子誕生のパンサー尾形、生き残りの道は

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP