彩川ひなの 2018年7月5日号

男子生徒買春! 陸上コーチ70歳市議のあきれた夜の“棒”高跳び

掲載日時 2018年01月24日 18時00分 [事件]

 東京五輪へ向けスポーツ関係者の不祥事が続いている。神奈川県警は1月10日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、静岡県湖西市議の島田正次容疑者(70)を逮捕した。これが陸上競技会に激震をもたらしているという。ついこの前も、カヌー選手が同僚の飲み物に禁止薬物を混入させた事件があったばかりだ。

 島田容疑者は昨年3月19日、LINEで当時14歳で中学3年だった横浜市の高校1年生の男子生徒に、『私は若い子が好きです』と伝え、自らの下半身画像を送信。男子生徒にも下半身の画像を送らせていたという。加えて昨年12月10日には、都内の高校2年の男子生徒(17)を横浜市内のホテルへ連れ込み、現金1万円を渡してわいせつ行為をした疑いが持たれている。
 「事件はいずれも県警のサイバーパトロールで発覚した。家宅捜索で押収した本人のパソコン、スマートフォンなどを分析、余罪の有無を究明しており、本人はこの2つの容疑を認めている」(捜査関係者)

 島田容疑者は学生時代、陸上短距離の選手で、後に陸上競技のコーチをしていた際に、元棒高跳び選手のウクライナのセルゲイ・ブブカからコーチ術を詳細に受けたという。そうしたことから、多くの陸上選手が師事する名コーチでもあったのだ。
 「陸上が盛んな高校や大学、ナイキ、ミキハウスなどでコーチを務め、'10年4月からは中京大陸上競技部棒高跳びの外部コーチに就任。ロンドン、リオ五輪に棒高跳び日本代表として出場した山本聖途選手(25)などは中学在学中に島田容疑者に見い出され、高校、大学(中京大体育学部)時代に指導を受けている。他にも日本記録保持者3人を含む多数の有力選手を指導し、選手からの信頼も厚かったのです」(スポーツ紙記者)

 一方、市議としては'10年4月に出馬して初当選を果たし、現在は3期目。近隣住民は「スポーツマンで明るい印象だった」と言う。
 「中京大によれば、島田容疑者は昨年11月以来、指導での姿を見せておらず、今年3月には退任の予定だったという。しかし、島田容疑者は今も東京五輪を目指す陸上選手たちにとって大きな存在なだけに、日本オリンピック委員会の有力団体である陸連は、関係者や有力選手の動揺を収めるのに懸命だといいます」(全国紙社会部記者)

 それにしても、あきれた夜の棒高跳びになってしまったものだ。

関連タグ:売春・買春

事件新着記事

» もっと見る

男子生徒買春! 陸上コーチ70歳市議のあきれた夜の“棒”高跳び

Close

▲ PAGE TOP