菜乃花 2018年10月04日号

ボートレース 『SGボートレースクラシック』の優勝戦線を占う

掲載日時 2016年03月15日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年3月24日号

 いよいよボートレース界の2016年SG戦線が始まる! 
 『SGボートレースクラシック』が、今年は平和島水面で3月16日から6日間に渡って開催される。今回は、この6日間の優勝戦線について占っていきたい。

 平和島といえば年明けのファン感謝3デイズが記憶に新しい。ここで話題を独占していたのが峰竜太だった。3連勝でファイナル進出し、流れは最高。優勝こそ今井美亜に譲ったが、あの躍動感は本来の峰そのもの。平和島水面で存分に発揮されていた。峰といえばSG制覇は時間の問題といえる超一流戦力。今回こそ悲願達成とみたい。

 対抗するのは昨年のMVP男・山崎智也だ。昨年末のグランプリ制覇以降、今年は優勝ゼロとやや心配だが、SG開幕戦でしっかり帳尻を合わせて優勝戦線に絡む公算は大だ。

 また、開催地の東京支部の面子も黙ってはいない。東都のエース濱野谷憲吾や昨年末のグランプリシリーズでSG初制覇を成し遂げた長田頼宗にも大きな期待が集まる。また、山田哲也や後藤翔之といった新興勢力も地元のスタンドを沸かせてくれそう。さらに前年覇者である桐生順平も今年のリズムは昨年以上だ。

 他にも豪華布陣が参戦する平和島の今年初SGは、見逃せない1戦だ!

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 『SGボートレースクラシック』の優勝戦線を占う

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP