菜乃花 2018年10月04日号

酒井法子の芸能界復帰を仕掛ける“許永中”人脈

掲載日時 2011年05月24日 14時00分 [芸能] / 掲載号 2011年5月26日号

 中国の違法薬物防止の“禁毒大使”に選ばれたことがキッカケで、女優復帰説が囁かれている元女優の酒井法子(40)。彼女の代理人になった芸能プロ経営のK氏は、イトマン事件や石橋産業事件で服役中の“闇の帝王”許永中受刑者の“人脈”の一人だった。

 中国政府の依頼で酒井を“禁毒大使”に招聘したのは7日に中国の北京で開催された『東京ガールズコレクションin北京』を主催した『アンダーゼットグループ』の周帆代表だった。
 「周代表は中国共産党幹部の子弟で、日本の芸能プロの中国進出の窓口といわれる人物。周代表は北京でGLAYのコンサートを企画したこともありました。一時、K氏もGLAYの事務所のオーナーと近かった関係で周代表と親しくなったんだと思いますよ。それにしても、酒井がK氏を代理人に選ぶとはね。以前、彼が許永中人脈だったことを知らなかったんでしょうかね」(音楽プロデューサー)

 K氏は老舗芸能プロでマネージャーを務め、独立。新事務所を設立した。
 「演歌歌手を売り出すんですが、上手くいかなかった。苦しいときにK氏は関西方面の許永中人脈の一人を頼った。許永中からは“韓国人の女性歌手がいる。日本で売り出さんか、バックアップもする”と持ちかけられた。資金援助を受け、系列会社になったんです」(芸能ライター)

 許永中とタッグを組んでK氏が売り出した歌手は張銀淑。'95年に『無情のかけら』でデビューした。
 「K氏は許永中に芸能界の実力者も紹介している。許永中はその実力者と芸能プロを設立するほど深い関係になった。結局、張は'95年の日本有線大賞新人賞を受賞したんです」(前出・同)

 許永中はイトマン事件で'91年に逮捕。起訴後保釈されたが、'97年に海外逃亡。'99年身柄拘束され収監。これで許永中人脈は崩壊した。
 「業界では、K氏はすっかり忘れられていた。K氏は、周代表と組んで中国での酒井の復帰を画策していますよ」(大手プロ幹部)

 許永中受刑者の年内出所情報が流れているだけに、酒井の復帰にも影響する?

関連タグ:酒井法子

芸能新着記事

» もっと見る

酒井法子の芸能界復帰を仕掛ける“許永中”人脈

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP