彩川ひなの 2018年7月5日号

桑子真帆 NHK紅白総合司会で「妊娠&退社」阻止へ

掲載日時 2017年12月08日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2017年12月14日号

 ポスト有働由美子ことNHK桑子真帆アナ(30)が、大みそかの紅白歌合戦総合司会に大抜擢されたのは、同局による「妊娠&退社阻止作戦」の一環という。
 「今年の総合司会は当初、11月13日に内村光良が1人で務めるかのように発表された。しかし、3日後の16日、桑子も総合司会に加わることが追加発表されたのです。妙な発表の流れでしたが、背景には、焦るNHKによる桑子アナの“妊娠阻止”という思惑があったようです」(NHK関係者)

 桑子アナは'15年4月から1年間『ブラタモリ』のアシスタントを務め、キュートな笑顔とタモリとの掛け合い能力でブレーク。'16年4月からは23時台の新報道番組『ニュースチェック11』キャスターに抜擢され、またたく間に出世した。
 「だが桑子アナには、'16年1月に熱愛が報じられた同期のフジテレビの谷岡慎一アナという彼氏がいた。NHKとしては“当面結婚しないだろう”と見ていたが、今年2月に『週刊実話』が“5月に三十路電撃婚”とすっぱ抜いたことで焦り始めた。アイドル人気が高い桑子アナの結婚を阻止するため、4月から看板報道番組『ニュースウオッチ9』のメーンキャスターというさらなる大役をまかせたが、彼女は局の意向を無視し、実話のスクープ通り、30歳誕生日の5月30日に電撃婚してしまったのです」(同)

 NHKとしては、桑子アナの長期休暇を防ぐため、子作り阻止へと作戦を転換。そこで今回、紅白総合司会というさらなる大役を命じ、“圧力”をかけた格好だ。
 「だが、強い子作り願望を持つ桑子アナは、紅白司会が控えることも気にせず、谷岡アナと1日も早く妊活したい、という趣旨のことをこぼしている。今後、妊娠降板でもされたら大混乱ですから、NHKは冷や冷や。桑子アナも阻止作戦に気付き始めており、反発して妊娠を強行する可能性もある」(スポーツ紙記者)

 幸せなためか、最近の桑子アナはますます胸が大きくなっている。
 「妊娠願望が強いと胸が大きくなると言いますが、まさにそれ。すでにFカップある。今後、NHKが妊娠阻止を続けると、来年にも独立してしまいます。あの胸と元NHKの肩書きならキャスターでひっぱりだこ。“人妻Fカップビキニ”をウリに写真集を出せばバカ売れ必至ですしね」(女性誌記者)

 すでに複数の事務所がフリー転身を働きかけているというだけに、もしかしてヌードもありえる!?

女子アナ新着記事

» もっと見る

桑子真帆 NHK紅白総合司会で「妊娠&退社」阻止へ

Close

▲ PAGE TOP