葉加瀬マイ 2018年11月29日号

ジャニーズが日本テレビに託すKAT-TUN再生の本気度

掲載日時 2016年10月24日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年10月27日号

 ジャニーズ事務所が、いまや開店休業と言っても過言ではないアイドルグループ“KAT-TUN”のテコ入れに躍起になっている。
 「今年3月に田口淳之介が脱退したことで3人となり、グループとしては寂しい限り。3人体制の初シングルの売り上げもイマイチなら、ダウンロード数もヒットと呼ぶにはほど遠かった」(芸能事情通)

 そんな死に体のKAT-TUNを本格再生すべく、ジャニーズ事務所がすべてを託したのが日本テレビだ。
 「ギャラは二の次。とにかく絶好調の日テレでバラエティーやドラマ、情報など、何でもいいからメンバーを起用してくれるよう頭を下げているんです。いつも揉めるスケジュールもジャニーズが日テレサイドに白紙委任状を渡したくらい。なんでも幹部のM&Jが突然、来社して懇願したというんです」(芸能関係者)

 現在、KAT-TUNの亀梨和也は『上田晋也×亀梨和也のGoing!野球』、中丸雄一は『シューイチ』で、それぞれ番組MCとして活躍している。
 「亀梨は将来、日テレのスポーツ番組のメーンキャスターにすべく育成中。中丸は、それこそ『スッキリ!!』の加藤浩次や『白熱ライブ ビビット』(TBS系)の国分太一にすべく修行中です。ギャラもそれぞれ1本10万円〜。2人とも文句も言わず仕事を必死でこなしている」(芸能関係者)

 そんな中で1人、浮いていたのが上田竜也だった。
 「ポジションが中途半端なので使いづらい。それでも今回のM&Jの来社で、12月に放送される松坂桃李主演のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』への出演が内定した。準主役の重要なポジションです」(制作関係者)

 気になる出演料だが…。
 「言い値でいいということで今回は1本12万円〜。キャリアと知名度を考えれば十分な額ですよ」(ドラマ関係者)

 KAT-TUNの再生を託された日テレ。無事、ジャニーズの期待に応えることができるのか!?

芸能新着記事

» もっと見る

ジャニーズが日本テレビに託すKAT-TUN再生の本気度

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP