葉月あや 2019年5月2日号

なぜか“妻への批判”が殺到? 中日・松坂大輔が永住権申請のため米国へ

掲載日時 2019年02月06日 12時58分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

なぜか“妻への批判”が殺到? 中日・松坂大輔が永住権申請のため米国へ

 移籍2年目のシーズンに向け、春季キャンプに臨んでいる中日・松坂大輔。5日、その右腕が永住権申請のため一時渡米することが球団から発表され、各メディアによって広く報じられている。

 報道によると、4日の昼ごろにキャンプの練習を切り上げた松坂は、その翌日の5日に一路米国へ。到着翌日から申請の手続きを進め、それが終わり次第帰国・復帰する予定であるとのこと。また、松坂はここまでスローペースでキャンプを過ごしているが、これは一時渡米を見越した対応であったという。

 昨季「6勝4敗・防御率3.74」の成績を残したこともあり、今季への期待が更に高まっている松坂。現在開催中のキャンプでは、根尾昂と並び立つ人気を誇っており、3日の練習後にはサイン会を開くなど、ファンサービスにも精力的に取り組んでいた。

 そんなスター選手が、キャンプを一時離脱するという今回の一件。これを受けたネット上には、「離脱したのはそういうことだったのか」、「松坂さんいないとショックです」、「とにかく無事に行って帰ってきてください」といった声が寄せられている。

 一方、今回の件に関しては「完全に嫁の意向だね」、「旦那が日本で頑張ってるのに妻はアメリカで悠々自適か」、「この奥さんはどうも好感が持てない」といった批判が、前述した理解の声を上回る勢いで寄せられてもいる。松坂の一時離脱・渡米を、倫世夫人(元日本テレビアナウンサー)の意向によるものと勘ぐっている人も少なくないようだ。

 松坂の日本球界復帰後も、子どもと共に米国に残っている倫世夫人。生活水準の高い街であるボストンに住んでいることや、高い学費を払って子どもたちに英才教育をしていることを理由に、複数の週刊誌から様々な“レッテル”を貼られ続けている。

 先に書いたような批判コメントにも、こうしたネガティブなイメージが影響していることは想像に難くない。ただ、今回の一件は松坂家がこうと決めたことであり、個人的には外野がとやかく言うことではないとも思うが…

文 / 柴田雅人

関連記事
あるゾ!38歳松坂大輔の開幕投手への返り咲き 18歳根尾と20歳差コンビで開幕スタメン?
中日・松坂大輔、6勝4敗で6500万アップの8000万で契約 異例の昇給に物議
中日が注意喚起のサイン転売 既に転売済のグッズも多数
復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待
張本氏、松坂大輔に「みじめだね」 選んだファンにも怒り「本当のファンじゃない」

スポーツ新着記事

» もっと見る

なぜか“妻への批判”が殺到? 中日・松坂大輔が永住権申請のため米国へ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP