鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 時には普通のエッチもしたい極度の大人のオモチャ好き

掲載日時 2014年11月07日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2014年11月13日号

(ゆかりさん=仮名・28歳)

 私の夫は結婚するまではごくノーマルなセックスしかしなかったのですが、それは自分の性癖を必死に隠していただけのようです。そうしないと私が結婚を取りやめるかもしれないと心配してたんでしょうね。
 しかし、結婚して一週間ほど経った日、夫は「お土産だよ」と小さな箱を私の前に出したのでした。
 喜んで開けると、中に入っていたのは男性器の形をした大人のオモチャ。私ももういい齢ですから、そんなことで怒ったりはしません。それどころか、夫のペニスよりも一回りほど大きいそのバイブの使い心地を想像して少し濡れてしまったほどでした。

 その夜はバイブで散々責められ、何度もイカされた私。それだけなら特に問題もないのですが、数日後に、夫はまた「お土産」を買ってきたのでした。
 それは乳首責め専用のローターという物でした。初めて見たのですが、乳首に貼り付けると、中の突起物が円を描くように動き、舌で舐められているような感覚を味わえるという代物でした。
 さらにその数日後−−。夫が買ってきたのはアナルバイブでした。乳首ローターとバイブで連続昇天して意識朦朧となっている時に、どさくさ紛れに挿入されてしまったんです。
 お尻は初めての経験でしたが、指ぐらいの太さですし、それがブルブル振動するのは不思議な快感で、私はすっかりクセになってしまったのでした。

 さらに夫が買ってくるオモチャの過激さはエスカレート。クリトリスに吸い付くローターを買ってきたり、さらには私にアイマスクを着けさせて、ヘッドフォンでトリップしそうな妙な音楽を聞かせながらバイブ責めをしたり…。
 だから最近の私は、ベッドの中ではアイマスクとヘッドフォンをつけて、乳首&クリ責めローターに、膣には極太バイブ、さらにお尻の穴にはアナルバイブを挿入されるという、とんでもない姿で一晩に何度もイカされています。
 で、夫は何をしているかというと、私の横でコントローラーを延々操作しているだけなんですよ。ペニスを挿入しようともしないんです。そういうのって、かなり異常ですよね。

 まあ、確かに大人のオモチャも気持ちいいですけど、たまには普通のセックスもしてみたいと切実に思っているんです。
(書き手・柏木春人)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 時には普通のエッチもしたい極度の大人のオモチャ好き

Close

▲ PAGE TOP