和地つかさ 2018年9月27日号

ボートレース 蒲郡SG『グランドチャンピオン』の見どころ

掲載日時 2016年06月20日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年6月30日号

 各地から梅雨入りの便りが届いている。以前はSGグランドチャンピオンの大会カラーが紫陽花をイメージした紫だった事からも分かるように「6月のSG」として定着。今年の舞台はボートレース蒲郡で、21日より開催される。もちろん、ナイター開催の6日間となる。今回、その見どころについて紹介したい。

 開催地から「愛知支部」が、やはりクローズアップされる。そして今、旬の男がいる。その名は平本真之だ。先のSGオールスターを制し、SG二冠目。「勢い」という点でも愛知代表の筆頭としたい。さらに原田幸哉、仲口博崇も有力。原田は'09年に常滑で開催されたチャレンジカップ以来のSG制覇へ機は熟している。

 逆に心配なのが、エース格である池田浩二と赤岩善生の不調。池田の原因はモーター抽選運に尽きる。赤岩は一般戦を含め、昨年の4月以来優勝から遠ざかっており、地元大舞台でどこまでリズム修正できるか。両者ともに乗り手には何ら心配はなく、あとは前検日に行われるモーター抽選の結果次第で一気に蘇る可能性がある。

 外来からは松井繁、山崎智也、瓜生正義、坪井康晴、丸岡正典、毒島誠、峰竜太、篠崎元志、桐生順平らが出場し、超豪華メンバーによる6日間。猛者集う地元愛知がシリーズをリードしていくのか否か。初日から優勝戦線は見逃せない!

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 蒲郡SG『グランドチャンピオン』の見どころ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP