紗綾 2019年8月1日号

横綱・白鵬「平成と共に去りぬ」“引退”が囁かれる右腕負傷の重篤さ

掲載日時 2019年04月19日 17時30分 [スポーツ] / 掲載号 2019年4月25日号

横綱・白鵬「平成と共に去りぬ」“引退”が囁かれる右腕負傷の重篤さ
白鵬

 「優勝と引き換えに、腕一本、持って行かれた」と苦笑いした白鵬。同じような経緯をたどって引退を余儀なくされた稀勢の里の悲劇が思い起こされる。

 春場所千秋楽、鶴竜を右下手投げで破り、42回目の優勝を全勝で飾った横綱白鵬(34)。その際、白鵬も土俵下まで転げ落ち、右腕の付け根あたりを押さえて顔を大きく歪めた。その姿を、2年前の稀勢の里とダブらせ、不吉な思いに駆られたファンも多かったのではないだろうか。

 表彰式では重い賜杯や優勝旗を白鵬1人では受け取れず、土俵下にいた朝日山審判委員(元関脇琴錦)らの手を借りた。その様子を見た宮城野部屋関係者の顔面は蒼白だった。
「これが命取りにならなければいいが…」

 後日、右上腕部の筋肉の一部が断裂していることを明かした上で、次のように説明した。
「突っ張りや、まわしを引き付ける動作にはあまり影響ないが、力を入れて力こぶを作るように腕を曲げ、上腕二頭筋を収縮させると違和感がある」

 つまり、相撲を取る上で大いに支障があるということだ。手術も考えたというが、それでは回復に時間がかかると断念。とりあえず安静にして様子を見ることにしたという。

 千秋楽翌日の一夜明け会見では、コップの水さえ右手では飲めない状態で、「なんとなく稀勢の里の気持ちが分かる」と、ため息をついていた。

 3月31日から始まった春巡業には参加しているものの、取組には加わらず、横綱土俵入りだけを行っている。春巡業が関東に近づく今月中盤には、かかりつけの病院で精密検査を受け、場合によっては再生医療を試みる可能性も示唆した。

 右と左の違いはあるが、同じ上腕を負傷した稀勢の里が、復帰を急ぐあまり治療に失敗したのは記憶に新しい。その後、稀勢の里は引退に追い込まれているだけに、白鵬が慎重の上にも慎重を期すのは間違いない。

 「白鵬にすれば、むしろ、もっけの幸いじゃないですか。今回の優勝が3場所ぶり、その前が5場所ぶりということでも分かるように、年齢的、肉体的に、もう無理はできません。本人は『令和最初の場所も優勝でスタート』と言っていますが、これで胸を張って休める理由ができました。それも1場所だけじゃなく、数場所続けて」(担当記者)

 平成最後を全勝優勝で飾った大横綱・白鵬だが、右腕負傷の重篤さが囁かれる中、令和の土俵上にその姿が見られるかどうか、微妙なところにきている。

関連タグ:相撲


スポーツ新着記事

» もっと見る

横綱・白鵬「平成と共に去りぬ」“引退”が囁かれる右腕負傷の重篤さ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP