橋本環奈 巨乳化? いや、エロポッチャリの“マイクロ水着”路線に大歓迎の声

芸能・2017/02/24 20:00
橋本環奈 巨乳化? いや、エロポッチャリの“マイクロ水着”路線に大歓迎の声
閉じる

 「登壇した橋本を見るや、急激な巨乳ぶりはもちろんのこと、その激太りした体に多くの取材陣が騒然となりました。相変わらず顔は可愛いのですが、とにかく全体的にボリュームアップ。とくに、バストの肥大化は、尋常ではありませんでしたね」(映画ライター)
 人気アイドル橋本環奈(18)の肉付きが、周囲を驚かせている。事は、2月1日に行われた映画『ハルチカ』(3月4日公開)の完成披露試写会の挨拶のときだ。そのあまりのエロポッチャリ度にマスコミは騒然となった。

 映画は、橋本と『Sexy Zone』の佐藤勝利(20)とのW主演による、大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズの実写版。
 「佐藤が肖像権にうるさいジャニーズ事務所ということもあり、当日も写真撮影には制限がありました。しかし、その規制にホッとしたのは橋本サイドだったという話もある。間近に見ると、顔はまん丸で二の腕はタプタプ。とても役作りとは思えぬ豹変ぶりに、橋本びいきの記者さえもア然としていました。その日は共演する人気若手女優の恒松祐里(18)も並んでいましたが、橋本の方が間違いなく横幅が勝っていた」(同)

 橋本は、福岡県のダンスアイドルユニット『Rev.from DVL』の一員として活躍。'13年、地元イベントで撮影された1枚の写真がネットに拡散されたことで、「天使すぎる」と話題になり、一躍人気者に。しかし、そんな彼女のグループに衝撃が走る。なんと、3月31日をもって解散することを、2月6日の公式サイトで発表されたからだ。
 「橋本は現在、福岡県の高校に在学し3月で卒業。ローカルアイドルではありますが、彼女1人が全国区となったことで、今後は東京の仕事が増える。これがグループの歯車を狂わせ、解散に追い込む原因になったのではないかとも囁かれています」(スポーツ紙記者)

 しかし、地元愛を公言する彼女も、今回の発表には心を痛めているという。
 「東京と福岡の両立にこだわって活動していただけに、かなりのダメージを受けています。実は、今回の激太りも解散のショックではないかと、関係者の間ではもっぱらです」(芸能記者)

 しかし、巨乳も捨てがたい、との声も上っている。
 「前はバスト80センチのBカップ。今は86センチのDカップ超級です。彼女はまだ水着はやっていないので、グラドルとしても期待できる。巨乳の谷間は本当にすごすぎる」(グラビア雑誌編集者)

 解散は寂しいけれど、エロポッチャリの“マイクロ水着”路線に方向転換は大歓迎だ。

関連記事
芸能新着記事