☆HOSHINO 2019年6月27日号

令和元年 プロ野球ネット裏炎上★阪神 藤川球児セットアッパー起用に早くも反乱兆候

掲載日時 2019年04月10日 17時00分 [スポーツ] / 掲載号 2019年4月18日号

令和元年 プロ野球ネット裏炎上★阪神 藤川球児セットアッパー起用に早くも反乱兆候
画像はイメージです

 矢野燿大監督(50)率いる新生阪神が、4年ぶりの開幕連勝スタートを切った。一見、ベンチのムードも盛り上がっているようだが、それは違う。矢野監督は前任者と同じ過ちを繰り返そうとしているのだ――。

 京セラドーム大阪で行われたヤクルトとの開幕戦は、いきなりの延長戦となった。最後はルーキー近本光司などの活躍もありサヨナラ勝ちを収めたが、「崩壊の予兆」は1対1で迎えた9回表のマウンドにあった。勝ちゲームと同じく、クローザーを投入しなければいけない場面で、矢野監督がコールしたのは、一昨年のセーブ王・ドリスだった。この選択に疑問が寄せられているのだ。

 「同点なので、延長戦を見据えて藤川球児(38)の投入も考えられた場面でした。藤川はオープン戦後半に打ち込まれるシーンが目立ち、クローザー争いから脱落しましたが、ここで抑えれば自信になったのに…」(スポーツライター・飯山満氏)

 昨季後半、藤川に往年のストレートが蘇りつつあった。かつて「火の玉」と称された、ホームベース付近で浮き上がる軌道の直球だ。

 本人も自信を取り戻したのだろう。「もう一度、クローザーに挑戦する」と意気込み、自主トレ期間はもちろん、キャンプ、オープン戦でも張り切っていた。

 「投手陣はその姿に牽引されていました」(在阪記者)

 だが、オープン戦終盤の失速により、藤川は“見切り”を付けられたのだ。

「矢野監督、金村暁投手コーチらが口にするのは『競争』です。ドリスに敗れたのかもしれませんが、チームに影響力の強いベテランを要所から外すと、他の選手は動揺します」(同)

 思い出されるのが、金本知憲前監督とチームリーダー鳥谷敬の“関係崩壊”だ。’16年7月に連続フルイニング出場の記録が止まり、昨年5月に連続試合出場1939というプロ野球歴代2位の記録も途切れた鳥谷だが、後者の影響は、特に大きかった。打撃不振だったとはいえ、OB、フロント、関連企業も新記録達成を心待ちにしていたからだ。

 金本前監督は「勝利至上主義」と反論したが、これで負けが込んでしまったのだから誰もかばえなかった。

 「藤川は名球会の入会条件である日米通算250セーブに、あと23と迫っています。中継ぎをやっている場合ではありません」(同)

 今度は、矢野監督が藤川の記録達成を止めようとしているのだ。阪神は功労者の晩節を考えないのだろうか。藤川をクローザーで使って試合に勝利するほうが、チームの結束力も高まっていきそうなもの。

 「ドリスがコケたら、新加入のジョンソンをクローザーにするでしょうし、中継ぎの要所で使われるのは、桑原謙太朗と能見篤史。僅差となった開幕2試合に、藤川は出場していません。僅差では使えないと見られているのです」(球界関係者)

 開幕戦、サヨナラのお膳立てをしたのは“窓際”鳥谷だった。意地の三塁打を放ったのだ。藤川も意地を見せなければ、消えていくだけ…。矢野監督のベテラン斬りは、崩壊の予兆か。

関連タグ:野球


スポーツ新着記事

» もっと見る

令和元年 プロ野球ネット裏炎上★阪神 藤川球児セットアッパー起用に早くも反乱兆候

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP