【あなたの地域の雑学】新築の新しい風呂に入り、うどんをすする衝撃の光景

エンタメ・2018/11/10 11:00
【あなたの地域の雑学】新築の新しい風呂に入り、うどんをすする衝撃の光景

画像はイメージです

閉じる

 香川県といえば“うどん県”として知られる。アピールを始めたのは2010年。「香川県はうどん県に改名します」と、ご当地出身の俳優・要潤を起用して宣言したのだ。

 そんなうどん県の一部に、ある奇習が存在する。“新築の家の新しいお風呂でうどんを食べる”というものだ。年長者から順に入浴し、家族全員、湯船の中でうどんを食べていく…。この奇習には「中風(脳の血管障害の後遺症)などにかからず、太く長く生きられるように」という願いが込められているとか。

 もし、「お年寄りが入浴中、うどんを喉に詰まらせて搬送された」なんてニュースがあったら、十中八九、香川県の出来事で間違いないだろう。

関連記事
エンタメ新着記事