葉加瀬マイ 2018年11月29日号

独占入手! アラフィフ熟女優 エッチな秘密20(3) 浅野ゆう子、江角マキコ、真矢ミキ、高島礼子

掲載日時 2015年11月08日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月12日号

 10月10日に放送された『にじいろジーン』(フジテレビ系)で、相変わらずの美貌と非の打ちどころのないプロポーションを見せつけたのが浅野ゆう子(55)。
 「昨年11月、最愛のパートナーであった田宮五郎さんを亡くして失意の中にあったが、元気な姿を見せ、ファンを安心させています」(芸能ライター)

 その日の彼女は、真っ赤なドレスに身を包み、フラメンコに挑戦してくれた。
 「激しいステップに、スカートがひらひらと舞うと、スラリと伸びた美脚が見えて、なんともセクシーでした。あのスタイルを維持しているのなら、十分、新しい恋に出会えるんじゃないでしょうか」(同)

 江角マキコ(48)は、昨年、今も週4回の夫婦性活があることを告白し、世間を驚かせたばかり。
 「江角司会の『私の何がイケないの!?』(TBS系)で、“週3〜4回以上、夜の営みがある夫婦は高収入”というデータが紹介されると“ウフフ”と笑い、“ウチはシテいます”とこれを認めたんです。“キスとか胸を触るとか、そういうところから始めないで、こう足をこちょこちょしながら上に行くとか…”など、こちょこちょ愛撫からの濃密セックスの様子を告白したんです」(前出・テレビ雑誌記者)

 昨年は、長嶋一茂宅への落書き騒動でバッシングを浴びたが…。
 「ヘコんだ様子は感じられませんでしたよね。週に4回も抱かれ、女として愛されている実感を日々感じていられることが、彼女の強気を支えているのかもしれませんね」(番組関係者)

 この4月、情報番組『白熱ライブ ビビット』のMCという新たな挑戦をスタートさせたのは、51歳の真矢ミキだ。
 「開始直後から視聴率が上がらず、なかなか持ち味を発揮することができない真矢への批判は、今も収まる気配がありません」(前出・テレビ雑誌記者)

 '08年に、8歳年下のバレエダンサー・西島数博と結婚。プライベートが充実していれば救いがあるが、
 「忙しく駆け回っており、毎朝の帯番組を抱える真矢との生活は、ほとんど夫婦の体をなしていない状況です」(芸能プロ関係者)

 『ビビット』でコンビを組むTOKIOの国分太一は、先月、番組で自身の結婚を発表して話題になったが、ヘタをすると真矢は、番組で自分の離婚を報告しないといけなくなるのでは、と囁かれはじめているのだ。
 「最近、番組内での真矢の衣装がセクシーになってきているんです。今年始め、NHKドラマ『全力離婚相談』で主演を果たしていますが、同作の発表会見ではストッキング越しに黒いパンティーをモロ見せする大サービスで、各週刊誌のグラビアを賑わせた実績があります。仕事もコケたら目も当てられないと必死なのでしょう」(同)

 視聴者にパンチラを連発すれば、視聴率もV字回復するかも。

 高島礼子(51)は、高島の父の介護のためにと、夫・高知東生が、この夏に俳優引退を発表した。
 「“カミさんが、少しでもいい芝居をしてくれることが、僕にとって何よりも大切”と、義父の介護を自ら買って出たというから、驚きですよね。高知は、それだけ女優・高島礼子に惚れているということでしょう」(芸能リポーター)

 高島は、話題のドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)に出演中。高知のサポートを受け、より輝きを増したように見える。
 「彼女が演じているのは、シリーズには欠かせない野上冴子。原作では、39歳の役ですが、イメージにピッタリと、原作ファンにも絶賛されています。下着はゴージャスなオーダーメイド。太ももに仕込んだナイフが武器というセクシーな役柄に高島も惚れ込み、自前の下着で撮影に臨んでいるといいます。今後、パンチラシーンも十分にありえるだけに、期待したくなりますね」(前出・テレビ雑誌記者)

 アラフィフ美女、いやらしすぎます!

関連タグ:アラフィフ熟女優エッチな秘密

芸能新着記事

» もっと見る

独占入手! アラフィフ熟女優 エッチな秘密20(3) 浅野ゆう子、江角マキコ、真矢ミキ、高島礼子

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP