和地つかさ 2018年9月27日号

死ぬまで現役 下半身のツボ “匂い”で下半身を元気にする

掲載日時 2018年02月21日 18時00分 [健康] / 掲載号 2018年3月1日号

 「男性なら誰もが経験があると思います。いい匂いのする女性とすれ違った瞬間、ムラムラすることが。それだけ、匂いの持つ性的な刺激は強烈なんです」
 そう語るのは、『脳で感じるセックス入門』などの著作がある、弘邦医院の院長・ドクター林氏だ。

 女性の匂い――実はココに、中高年男性のEDを解消する秘密が隠されているという。
 「嗅覚は、扁桃体と海馬という、記憶と感情を処理する部位に接続されているんです。どういうことかというと、匂いを嗅ぐことで人間は昔の記憶が呼び覚まされ、その時の感情が再び蘇りやすいのです」

 例えば、思春期に好きな女の子がいたとする。彼女の顔や声、そして匂いも好きになる。すると、脳はそれらの記憶を「心地よい」「性的に興奮する」と記憶する。
 「やがて長い年月が経って、好きな女性の顔や声は忘れてしまう。ところが、匂いだけは脳の扁桃体や海馬にしっかりと記憶されていて、同じような匂いを嗅いだときに当時の感情を思い出す場合があるんです」

 視覚や聴覚に比べ、嗅覚はそうした呼び覚まし能力に長けているのだ。
 「基本的に女性はいい匂いがするので、男性はいい匂い=好き、セックスをしたいという気分になりやすい。だから、街でいい匂いのする女性とすれ違うと、ふと脳がそうした感情を呼び覚まして、ムラムラするわけです」

 これが匂いと脳のカラクリ。もちろん、女性も男性の匂いに対して同様の現象が起こるという。
 「例えば、ファザコンの女性はお父さんの匂いに“癒し”を感じやすい。すると、同じようなお父さんの匂いに近い男性に出会うと、癒される感情と同時に、父と娘ではない分、恋愛感情も生まれるんです」

 時々、「オヤジの加齢臭が好き」という若い女性がいるが、それはまさにコレ。
 「ただ、多くの女性は年頃になるとお父さんの匂いを毛嫌いしますよね(笑)。だから、基本的にオヤジ臭い男性は嫌われるのです」

 ファザコンの女性に巡り合えることを願うばかりだが、話を戻せば、女性の匂いに男性は性的興奮を得やすいということ。
 「最近、性欲が弱まったと思っている男性は、いい匂いのする女性とお近づきになるのが一番。その匂いをたっぷりと吸い込むことで、若い頃の性欲溢れる時期に女性を欲した“あの感情”が蘇るからです」
 妻とセックスレスの男性なども、あえて妻に香水をつけてもらうことで性欲が高まるという。

 さらにこんな手も。
 「女性が身近にいない方は、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、自分の布団や枕に女性用の香水を軽く振りかけておくんです」

 すると、たとえ寝ている間であっても脳が女の匂いにまつわる様々な記憶を思い出す。
 「自然と性欲が高まりやすくなり、起きたら朝勃ちしていた、なんて時も出てくる。ただ、女性的な匂いが体についたままでは何かと変な噂も立てられかねないので、できるだけ朝起きたらシャワーは浴びたほうがいいですよ」

 匂いを嗅ぐだけでED解消! そんな簡単なことであれば、試してみる価値はありだ。

ドクター林
弘邦医院(東京・江戸川区)院長。『脳で感じるセックス入門』や『お医者さまが教える癒されてもっと気持ちよくなる!』など著書も多数。ED治療にも精通しており、現在、同医院では局部海綿体注入法による「ICI治療」も行っている。

関連タグ:下半身のツボ

健康新着記事

» もっと見る

死ぬまで現役 下半身のツボ “匂い”で下半身を元気にする

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP