葉加瀬マイ 2018年11月29日号

「いまが1番いいカラダ」優木まおみの貧乳全裸ナマ証言(2)

掲載日時 2010年12月19日 11時00分 [芸能] / 掲載号 2010年12月23日号

「いまが1番いいカラダ」優木まおみの貧乳全裸ナマ証言(2)

 「女子アナ志望で就職に失敗。25歳ぐらいまで全然売れないリポーターだったのですが、当時彼女はやはりマイナーなお笑いタレントと安アパートで同棲していた。お互い仕事もないので昼間からやることはセックスだったといいます。その関係で彼女はお笑いに知り合いが多いのだとか」(芸能プロ関係者)

 各種インタビューで、何度も仕事を辞めて故郷に帰ろうと思ったことがあるという優木。それほどの遅咲きであることは確か。
 「どこか開き直りみたいなところがある。性格はさっぱりしているので、エッチでも後を引かない。ある意味、大人の女だから、業界人の多くが彼女の体を狙っているようなんですよ」(前出・同)

 彼女は貧乳ではあるが、下半身は豊満。先のH88センチという数字からわかるように相当のデカ尻。そのうえ、かなりの盛りマン。これは彼女が10冊近く発売している写真集でも一目瞭然だ。
 「開脚してこんもりとしたドテを見せているポーズがあるが、本当にヌケる。貧乳でも十分体はいいという証明ですね」(カメラマン)

 そんな折、いまインターネット上には謎の写真も流出している。いずれも全裸で貧乳。顔もソックリ。
 「大半がアイコラ。彼女、遅咲きですから、それを妬んだ同業者の仕業だという見方が有力。ただ、昔の男との関係で私生活写真を流された可能性も捨て切れない」(ネットライター)

 さらに、いま彼女には水面下でヘア写真集の話も進んでいるという。
 「セックスしたいだけでなく、“脱がしたい”写真集関係者は多い。彼女は“貧乳人気ランク”で佐々木希を抜き1位。国立大卒初のヘアヌードのウリもあり、脱げば部数40万部ギャラ2億円は確実。すでに複数社が交渉中で、彼女の大胆さなら人気ピークのいま、潔く脱ぐかも」(写真集コーディネーター)

 “1番いいカラダ”発言は、写真集の予告か。

関連タグ:優木まおみ貧乳全裸ナマ証言

芸能新着記事

» もっと見る

「いまが1番いいカラダ」優木まおみの貧乳全裸ナマ証言(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP