中島史恵 2019年6月6日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★傷心旅行で家族旅行中の男を誘惑し舌&腰使いが最高でイキまくり!?

掲載日時 2019年05月11日 00時00分 [官能] / 掲載号 2019年5月9・16日合併号

(彩芽さん=仮名・25歳・OL)

 彼氏と温泉旅行するはずだったのに、直前に彼の浮気が原因で破局。仕方なく傷心旅行に来てみたのですが、小さな子供連れの家族を見掛けると自分だけが不幸なのが悔しくて、その旦那を誘惑しちゃったんです。
「一人旅で不安なので夕食後、一緒に近くのお土産屋を見て回ってもらえませんか? あ、でも、ご家族がいるんで無理ですよね」

 そう言って浴衣の裾をはだけて太ももを見せると、鼻の下が一気に伸びました。
「大丈夫です! 若い女性が不慣れな場所で1人じゃ危ないですから」

 そして土産物屋をまわりながら何度もボディータッチしてあげたんです。本当はそこまででやめるつもりだったのに、いきなりキスをされて、それがすごく上手だったんです。このままじゃ眠れそうもありません。
「続きは私の部屋で…」
「たっぷりしましょう」

 彼の家族に見つからないように私の部屋へ駆け込み、お互いに浴衣を脱がし合いながら布団に倒れ込みました。そして、もう一度熱烈キス。だけどそれは私の下腹部へのキスです。そしたら予想通りの舌使いですごく上手なんです。

 私はあっさりイッちゃって、朦朧とした状態のままペニスを挿入されてしまいました。そしたら腰使いもすごいんです。パンパンパンパンパン…と大きな音が響くほど激しく突き上げられ、またあっさり絶頂へ。
「あああん、すごいわ」
「君が可愛いから俺も頑張っちゃうんだ」
「じゃあ、今度は私が」

 お返しとばかりに、マン汁まみれのペニスをしゃぶってあげました。同時に睾丸を指で弄ってあげると、彼の表情が変わりました。
「おおぅ…、最近の若い娘はすごいね。また入れたくなっちゃったよ」

 私の口から抜いたペニスを、またオマ○コへ。今度は上になったり下になったりしながら突き上げ続け、最後は2人同時にイッちゃったんです。

 満足して彼を部屋から送り出した後、何気なくロビーに行ったら、彼と家族が何か話しているんです。
「パパ、どこ行ってたの?」

 子供が尋ねると、彼は「ごめんね。お土産を買いに行ってたんだ」といつの間に買ったのか、キーホルダーを子供にあげてるんです。

 ほんと嘘つき。でも、これぐらいちゃんと浮気を隠してくれたら、私も別れなくて済んだのに…と、やっぱり彼氏のことを思い出してしまったのでした。
(書き手・柏木春人)

関連タグ:官能小説


官能新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★傷心旅行で家族旅行中の男を誘惑し舌&腰使いが最高でイキまくり!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP