菜乃花 2018年10月04日号

鬼監督・中田久美 女子バレー・選手たちを奮起させた涙の裏

掲載日時 2018年06月21日 16時00分 [スポーツ] / 掲載号 2018年6月28日号

 ネーションズリーグに参戦したバレーボール日本代表女子が、6月7日、タイに勝利し、通算成績を6勝6敗の五分に押し戻した。
 「0対2からフルセットに持ち込み逆転勝利。本当に粘り強くなった」(特派記者)

 中田久美監督(52)も、今大会ではこれまでとは違う姿を見せていた。なんと涙を見せたのだ。
 中田監督といえば、解説者時代、テレビ放送中に後輩たちを一喝し、「コワイ人」のイメージがしっかり定着している。代表監督に就任してからも“妥協を許さない猛練習”で、選手たちをビビらせてきた。そのスケバン監督が泣いたのだ。
 「ホームでの大会3日目、オランダにストレート負けした際、試合後の会見で中田監督は下唇を噛んだまま、ジワ〜ッと涙をこぼし、『ただ悔しさだけです。選手云々ではなく…』と答えただけでした」(関係者)

 スケバン監督が泣いた。これを伝え聞いた選手たちが驚いた。世界ランキングでオランダは8位、日本が6位。僅差とはいえ格下に負けた屈辱は選手たちも感じていたが、その衝撃は大きかった。
 「試合内容もよくありませんでした。しかし、中田監督は選手を責めてはいない。それが、選手たちの胸に響いたのでしょう」(同)

 この時点で日本は2勝4敗。序盤は「緊張した」という選手談も聞かれたが、もう言い訳はできない。「そろそろ一喝ありそうな…」と選手たちもビビッていたが、指揮官の言動に心打たれたという。
 「そこから連勝し、星を五分まで戻した。まさに監督の涙が選手たちを変えたということです」(前出・特派記者)

 スポ根ドラマのようだが、低迷の続いていたバレー女子が復活の兆しを見せたことは間違いない。「涙はオンナの武器」と言うが、鬼の目にも涙、スケバン監督の涙は特効薬となった。
 上位6カ国が進むファイナルまでの道のりは厳しいが、チーム再建は着実に進んでいる。“涙”という最終兵器を手にしたスケバン監督が、次に何を見せるのか、注目だ。

関連タグ:バレーボール

スポーツ新着記事

» もっと見る

鬼監督・中田久美 女子バレー・選手たちを奮起させた涙の裏

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP