菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 松井玲奈(24) ベッドでは男を失望させる!?

掲載日時 2016年03月14日 20時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年3月17日号

 今回取り上げるのは、昨年SKE48を卒業し、現在は女優・声優として活躍中の松井玲奈。
 連ドラ初出演となる『ニーチェ先生』(日本テレビ系)では奇抜なキャラのヒロインを演じている。
 個性的な顔立ちで、特に角張ったアゴ先は女性としてはかなり強く、芸術的センスや行動力ではプラスながら、強情でカカア天下の相。性愛面においてもマイナスの影響は無視できない(後に詳述)。
 割れたアゴ先も、角アゴならではの珍しい相(女性では特に)で、情熱的で男性的な気性を示している。
 丸目で、鼻下が短く、笑うと大きく歯茎が露出するところは、思慮よりも感情や感性が先行する相。反面、鼻が長く、眉相が穏健で、いくぶん抑制できている。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りが弱く、自己愛・受動愛の下唇が厚くて、他者愛・奉仕愛の上唇が薄めなので、異性に対して積極的に仕掛けるタイプではない。
 角アゴ女性はセックスにおいて情緒やムードに欠け、ベッドでは男性を失望させることが少なからずある。鼻が低く、丸みのある大きな準頭(鼻の頭)で、交わり自体は気取らずスポーティーだ。
 【淫乱度】は、男性側が味わえる「エロさ」のマイナス分を勘定に入れ、「2」と低くなった。
 金甲(小鼻)の張りは悪くないもののやや肉薄。頬骨が張り、下アゴの骨格の発達がよく、スタミナには恵まれている。【絶倫度】は「3」。
 膣道の雛型とされる耳の穴の手前にある切れ込みが広く、後天的名器度が現れる口元の肉付きと締まりが平凡で、【名器度】としては「2」と低めだ。
 目がやや吊り気味で、臥蚕がおとなしく、眉が吊り上がらず、金甲の張りも悪くない。この年代には珍しくあげまん要素の多い女相だ。惜しいのは、下唇が厚すぎ、頬骨の出が目立つ点。トータルで観て、【あげまん度】は「3」。

 前述の、丸目・短い鼻下・笑うと歯茎露出は、すべて尻軽相でもある。楽天的で、遊ばれても遊びと割り切り、クヨクヨしたところがない。
 ただ彼女は極端な角アゴなので、その強い攻撃性ゆえ、手を出した男のほうがヘコまされることも多いはず。【尻軽度】としては「4」と高いが、相手を選ぶ。
 頬骨が横に張っていて忍耐強い。個性的な角アゴ相ともあいまって、根性があり闘争性が女性としては相当高い。なりふりかまわず働くが、男には服従しない。
 相性という観点で言うと、アゴ先の相は男女で最も相補性が求められる部分で、真逆の男性が望ましい。家庭人よりも事業家などに向く女相で、晩年運も悪くなく、将来は芸能人を育てたりプロデュースする立場になるのもいいだろう。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 松井玲奈(24) ベッドでは男を失望させる!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP