菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 高梨沙羅(20) ベッドではガチンコセックス!?

掲載日時 2017年01月02日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年1月5・12日合併号

 今回取り上げるのは、日本女子スキージャンプのエース、高梨沙羅選手。ジャンプW杯の歴代通算47勝を挙げ、記録を更新中だ。
 あどけないルックスだったのが、このところ一気に大人っぽく変貌をとげた。特に眉と目の変化が大きく、眼光にも水気と柔らかさがのって女らしさが出てきた。ただ、眼光には淫や媚はうかがえず、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えてるあたり)の膨らみもほとんどなく、エロスの開花にはまだしばらく時間が必要と観る。

 末広がりのくっきりと深い人中(鼻下にある縦溝)は、内生殖器(子宮・卵巣)を含めた性器・性感の発育のよさを示していて、性愛のポテンシャル自体は高い。唇に上下とも厚みがあり、情愛も豊かだ。
 田宅(上瞼)の肉付きが悪くなく、顔全体が肉厚で丸みを帯び、恋愛経験を積むと激変するタイプの女相だ。鼻先が丸く、目頭に切れ込みがなく、ベッドでは気取らないガチンコセックスを好む。現時点での【淫乱度】は「2」。
 張った頬骨を肉が包み、丸みのある、ふもとの広い(尖っていない)頬骨相で、根性の強い頑張り屋だ。やや大きめの口に、歯列のU字も大きく、エラからアゴ先にかけての骨格がしっかりしており、生命力・スタミナは旺盛。ちんまりと小さめの鼻ながら、金甲(小鼻)の張りがよく、タフだ。【絶倫度】は「5」寄りの「4」とかなり高い。

 彼女の地眉は、眉間が広めで、眉頭が太く、眉尻にかけて細くなる、野性味の強い眉相。今期、ジャンプW杯の開幕2連勝時の表彰映像を見ると、これまでの素顔とは異なり眉を直線的に濃く、シャープに作っている。恋愛運やエロ度としては高くないものの、競争心や集中力をアップさせるメークで、アスリートとしてはプラスだ。
 小さい鼻は自己主張が強くなく、交際の主導権を男性に預けるタイプ。耳が小さめなところも性愛に対する独占欲が弱く、男性ペースでコトを運ばれがち。(素顔での)広い眉間が尻軽相で、【尻軽度】は「3」寄りの「2」。
 おとなしい臥蚕と豊かな金甲があげまん要素で、下瞼のラインが上がり気味なところもプラス。しかし、眉相が(地眉もメークした眉も)マイナスで、【あげまん度】も「3」寄りの「2」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前の切れ込みが良形ながら、広い眉間でややマイナス。口元の肉付き(特に上唇側)がよく、後天的名器度も悪くない。トータルで観て、【名器度】は「3」。

 上唇側の口元の肉付きが豊かなのは面倒見がよく、将来は指導者となるにふさわしい相だ。今は子供の顔から大人の女性の顔へと変化していく過渡期で、今後はぐっと女らしく変貌を遂げることになるだろう。

【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 高梨沙羅(20) ベッドではガチンコセックス!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP