菜乃花 2018年10月04日号

「謎の中国人に精液を搾取された…」拉致強姦魔が主張した奇妙な“陰謀説”(1)

掲載日時 2016年05月07日 21時00分 [事件] / 掲載号 2016年5月12・19日合併号

 看護師の松永留美子さん(29)が、パチンコ店で遊戯中の彼氏を駐車場で待っていたときのことである。
 ふいに運転席側のドアが開き、黒ぶち眼鏡をかけたヤセ型でちょび髭の男が乗り込んできた。
 「だ、誰なの?」
 「うるさい、黙れ!」
 男はハンドルを握ると、いきなり急発進。パチンコ店を出るときには強引に右折したので、直進してきた車と接触事故を起こした。
 相手のドライバーが外に出てきたが、男は知らん顔で逃走。その後も赤信号を無視したり、一車線の道で追い抜きを重ねたりした。

 「オイ、オレの顔を見るなよ。オレがいいって言うまで、下を向いてチ○ポでもしゃぶっとけ!」
 そう言うなり男はペニスを露出し、髪をつかんで無理やり咥えさせた。
 「お前、さっきから追ってくるハイビームの車に気付かなかったのか。捕まったら終わりだ。オレは海外に高飛びする」
 男の言っていることは支離滅裂。何が狙いなのかも分からない。恐怖のドライブは1時間以上も続き、その間、フェラチオをやめることも許してもらえなかった。やがて、人気のない空き地に車を止めた。

 「オレはある組織に追われているんだ。今日限りの命かもしれん。生きている間に存分にセックスを楽しみたい。裸になれ!」
 断れる雰囲気ではなく、留美子さんは車の中で全裸になった。車内でマングリ返しの体勢になり、留美子さんは何度も膣内に指を出し入れされた。
 「ここじゃ狭いな。外に出ろ。大声を出すなよ」
 留美子さんは全裸のまま外に出て、ボンネットの上に両手を突くように命じられた。男は再び後ろから執拗に指を出し入れする。
 「ああんっ、はああん…」
 途中で片足を上げられ、局部を携帯で撮影されるようなポーズも取らされた。男は双臀をつかみ、バックから秘裂に向けて亀頭を押し付けてきた。
 「ああっ、いやァん…」
 硬化した亀頭が秘肉を掻き分けて入ってくる。男は腰を振り、パンパンとストロークを開始した。
 「あん、ああっ、ああん」

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

「謎の中国人に精液を搾取された…」拉致強姦魔が主張した奇妙な“陰謀説”(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP