紗綾 2019年8月1日号

「時代を先取りするすごい才能」渡辺謙、ジャニー喜多川社長の死を惜しむ

掲載日時 2019年07月11日 11時53分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

「時代を先取りするすごい才能」渡辺謙、ジャニー喜多川社長の死を惜しむ

 俳優の渡辺謙が10日、渋谷区の東急シアターオーブで上演されるミュージカル「王様と私」(7月11日〜8月4日まで、東急シアターオーブにて上演)の囲み取材に出席。先日、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため死去したジャニー喜多川社長についてコメントを求められ、「全然お会いしたこともなければ、お仕事をしたこともない。でも、本当は仕事を一緒にしたりお話したりしたかった」と話し、その死を惜しんだ。

 渡辺はジャニー喜多川社長について、「日本のエンターテインメントにいち早く海外の文化を輸入された方。エンターテインメントの作り方が時代を先取りするような、すごい才能の持ち主」とコメント。その上で、「本当は仕事を一緒にしたりお話したりしたかったというのはあります。残念です」と述べ、「一時代を築いた方という意味でも、今後、その遺志を継いで自分たちも頑張っていければ」と話した。

 囲み取材には、本ミュージカルの共演者であるケリー・オハラも出席。渡辺にとっては、海外で高い評価を得た主演ミュージカルの日本凱旋公演とあり、気合いも十分。「これまでも何度もやっている舞台。ただ、新しい劇場でお客様が日本のみなさん。やることに関しては変わりはないけど、ニューヨークやロンドンとも劇場の使い方は変わっている。それが楽しみの一つ」と話して、嬉しそうな表情。

 「ずっと、日本の俳優が日本で舞台をやるのに、何で英語でやるのって、違和感や葛藤があった。だから(日本公演の実現にはどこか)腰が引けていたんですけど、でも、トニー賞を獲るような素晴らしい俳優たちを、ぜひ日本で見てほしいっていう気持ちで今回お受けしました。これくらいトップクラスのブロードウェイの方々を見れる舞台はそうないんです」と見所を力説。本舞台での仕事について、自分にとっての「集大成」であることも強調した。

 共演するオハラも、そんな渡辺に対してエールを送る。「彼は素晴らしい役者。彼の演技力にわたしも近づけなければなりません。そして同時に、とてもチャーミングな方。(一緒にできて)光栄です」と笑顔を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事
ジャニー喜多川社長の「家族葬」にファン感動 嵐・松本潤の会見での発言、真相は…
ジャニー喜多川氏の追悼VTRをいち早く放送の『news zero』 SMAPファン感涙の大きな変化が…
不登校ユーチューバーゆたぼん「漢字はググったらいい」発言に、“ググる知識がない”とツッコミ殺到
肉体関係もあり? 『ワイドスクランブル』の「アイドルの闇営業」特集が物議 “売春では”の声も
石原さとみ『Heaven?』好視聴率発進も“寒い”の声 テンポを悪くしている原因は…

芸能新着記事

» もっと見る

「時代を先取りするすごい才能」渡辺謙、ジャニー喜多川社長の死を惜しむ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP