葉加瀬マイ 2018年11月29日号

書籍がヒット、露出も増えてきている清原和博 タレント復帰が厳しい意外な理由とは

掲載日時 2018年08月22日 23時20分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

書籍がヒット、露出も増えてきている清原和博 タレント復帰が厳しい意外な理由とは

 PL学園で甲子園歴代最多13本塁打を放った元プロ野球選手でタレントの清原和博が、雑誌の企画で21日に行われた夏の高校野球決勝戦を観戦するために甲子園球場を訪れたことを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、清原はコメントはしなかったが、関係者席に座り、試合終了まで観戦していたという。

 清原といえば、自身の半生を綴った「清原和博告白」の重版(4刷)が決定し、累計発行部数が10万部となったことを先日、版元の文藝春秋が発表。

 清原は同社を通じて、「こういう状況にある自分の言葉に、まだ目を向けてくれる人がいるというだけでありがたいです」とコメントしていた。

 また、一部スポーツ紙が、20日の甲子園“レジェンド始球式”に登場した、清原の盟友で大魔神こと野球評論家・佐々木主浩の練習パートナーを務めた様子を報じるなど、このところ、清原は積極的にメディアに登場している。

 「本来ならば、今年の甲子園の“レジェンド始球式”に清原も呼ばれるはずだった。しかし、16年2月に覚せい罪取締法違反で逮捕され、同年5月に懲役2年6月執行猶予4年の有罪判決を受けた。まだ猶予期間が明けていないため、始球式に呼ばれなかった」(野球担当記者)

 猶予期間が明けるのは2020年5月。「告白」のヒットで、清原には数千万円の印税が入りそうなだけに、以前のように豪遊しなければしばらく生活には困らないようだが、どうやら、以前のようにタレント活動に復帰するのは難しそうだというのだ。

 「タレント時代、マネジャーがころころ代わり、スケジュール管理がとにかくずさんだったそう。ダブルブッキングやドタキャンを散々繰り返したらしく、仕事相手はそのことで懲りているので、もう清原を起用しようとは思わないだろう」(テレビ局関係者)

 逮捕前は番長キャラで大暴れしていた清原だが、今後はキャラチェンジが求められそうだ。

関連記事
気になる番長・清原の近況
番長・清原がスポーツ雑誌の連載で社会復帰!
安室奈美恵、ラストステージはやはり故郷で? 引退前日になった事情とは
まさかの、洗濯ばさみでアレを…! 木村拓哉が芸人のフリにも見事な対応で、好感度急上昇
『カメラを止めるな!』に盗作疑惑で人気も沈静化? 思い出される20年前の『一杯のかけそば』騒動

エンタメ新着記事

» もっと見る

書籍がヒット、露出も増えてきている清原和博 タレント復帰が厳しい意外な理由とは

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP