菜乃花 2018年10月04日号

好色・ベッキー不倫騒動の隠し玉「ニャンニャン写真」と「妊娠説」(2)

掲載日時 2016年01月24日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2016年2月4日号

 そもそも、ベッキーと川谷が急接近したのは昨年10月中旬のこと。『ゲスの極み乙女。』のファンを公言していたベッキーが、テレビ局幹部のコネを使い関係者限定の打ち上げ会に潜り込んだという。
 「忘れもしませんよ。収録が終わると、反省会にも出ずにハイヤーに乗って行ってしまったんです。何でもベッキーのタイプは年下で少年のようなルックスなんです。川谷はそういった意味でストライクど真ん中だったようです」(同)

 ベッキーは、お目当ての川谷を捕まえるや半ば強引にLINEを交換。11月には東京・白金台にある中華料理店で『SEKAI NO OWARI』のギタリスト・Nakajinを交え食事会を主催したという。
 「支払いはベッキーだったそうです。実は、この時にベッキーは川谷と2人きりで二次会に行っている。この時に一線を越えてしまったようです」(ベテラン女性誌記者)

 その後、ベッキーが川谷と逢瀬を交わす毎にホテル宿泊を繰り返していたと報じられている。
 「ベッキーはハーフ会などで酔うと過激発言をする。その一つが調教プレイ。年下の少年のような男を自分好みに仕立てていくんです。口癖は『すべて私が上になること』。人間関係で男よりも優位に立つことを意図しているのでしょうが、見方によっては騎乗位好きとも取れる発言です。ベッキーが4歳も年下の川谷の上に乗り、腰を振りながらあれこれ命令を下していたのでは…と想像してしまうんです」(テレビ関係者)

 ベッキーや川谷のファンからは、『ゲスの極み』とのお叱りを受けそうだが、2人の行動を見てみると、あながちこの証言にも信憑性が増してくるのだ。
 「あれだけ用心深かったベッキーが簡単に写真を撮られているんです。まさに盛りのついた男と女ですよ。あっちの相性がピッタリだったこともあるのでしょう。まさに“激しい”の一言です」(前出・事情通)

 2人の関係はこのまま自然消滅してしまうのか。
 「ここだけの話ですが、ベッキーは川谷に対し未練タラタラな様子ですよ。そう簡単にベッキーが引き下がるとは思えない。ベッキーは芸能界で生きていけるという根拠のない変な自信を持っているんです」(芸能プロ関係者)

 ところが、スキャンダル報道にはもう一つ、隠し玉があるという。
 「ベッドの上で抱き合ったり、キスしている写真があると噂されているんです。文春にネタを提供した関係者はベッキーの対応を見ているようです。彼女の態度一つで、再びダメ押しのスキャンダルが出る可能性がある。また、ベッキーの妊娠説まで飛び交っています」(業界関係者)

 いずれにせよ、ベッキーの火遊びの代償は高くつきそうだ。
 「10社と契約中とされるCMは、太田胃散が緊急役員会議でベッキーの出演するCMの差し替えを決定した。花王やローソンも3月で契約更改は見送りになる。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険もイメージキャラの変更を内定した。損害は約5億円に上るとも」(放送作家)

 もっとも、一部業界関係者の間では「DAIGOと北川景子の結婚や、SMAP独立騒動でベッキーのスキャンダルが煙に巻かれる」なんて憶測も出始めている。
 ベッキーに神風は吹くか。

関連タグ:ベッキー

芸能新着記事

» もっと見る

好色・ベッキー不倫騒動の隠し玉「ニャンニャン写真」と「妊娠説」(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP