森咲智美 2018年11月22日号

貞淑美女タレントの性白書 南野陽子 NHK大河ドラマ「西郷どん」後の五十路ヘアヌード写真集(2)

掲載日時 2017年11月13日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年11月16日号

貞淑美女タレントの性白書 南野陽子 NHK大河ドラマ「西郷どん」後の五十路ヘアヌード写真集(2)

 1992年には、映画『寒椿』(東映)で大胆ヌード、濡れ場を披露。その年の日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。
 「この作品で、芸能界で女優としてやっていく自信がついたようです」(映画関係者)

 しかし、自信がついた反面、生意気な女優? と呼ばれるようになった。
 「幼い頃の性格がウソのように、自己主張の強い女優になっていったのです。自分が納得しなければ、テコでも動かない。ですから、いつしか“使いづらい女優”になりました。今度の大河でも、ビシバシと自分の意見を言うと思うので、現場スタッフは戦々恐々としているようです」(前出・小松氏)

 その一方、男関係においては、イイ男たちを自由奔放に虜にしてきた。
 「南野の“初めての男”と言われているのが、『少年隊』の東山紀之。彼女が22〜23歳頃の話です」(ワイドショー芸能デスク)

 その頃、南野は、
 「23歳でプロポーズされ、24歳で結婚する」
 と宣言していたため、ゴールインは確実と見られていた。
 「しかし、ここで思わぬ大敵が現れたのです。ジャニーズ事務所のメリー喜多川さんから彼女に電話が入って、“付き合わないで”と言われたようです。東山の親代わりとも言われている人からのダメ出しに、彼女の気持ちは一気に冷めていきました」(前出・芸能レポーター)

 その後、元『米米クラブ』のボーカル・カールスモーキー石井(石井竜也)やクリエーターのY氏と浮名を流したが、結婚には至らなかった。
 「石井とは、三股、四股は当たり前という石井の女癖の悪さに愛想を尽かして別れました。約4年ほど交際したY氏とは結婚まで考えましたが、うまくいきませんでした。その後、Y氏は局アナからフリーとなったHアナの姉と結婚しました」(同)

 そんな南野が現在の夫と結婚したのは、2011年3月のことだった。
 「彼はバツイチ。当初はIT関連企業社長という触れ込みでしたが、次々と金銭トラブルが発覚。現在、彼女の稼ぎを頼りにしているような状態です」(芸能関係者)

 金銭面ばかりではない。“下半身”も相当ルーズだという。
 「友人の紹介で出会い、焼肉屋で意気投合した2人ですが、その頃、相手の男性は前妻との離婚がまだ成立していなかったんです」(ワイドショー芸能デスク)

 結婚後も、銀座ママとの不倫騒動があった。
 「しかも、そのママを妊娠させ、裁判沙汰にもなりました。南野との離婚を約束して子供まで産ませたのに一向に南野と別れない。養育費も滞っているようです」(前出・芸能レポーター)

 何やら波乱含みの様相を呈しているのだ。
 「南野が不倫しているわけではありませんが、『不倫』という言葉で南野と斉藤は重なりますね」(前出・芸能デスク)

 まさに、ここでも“何の因果か”というフレーズがピッタリの2人。
 「続けて2人が“不倫”で降板だなんてシャレになりませんから、制作サイドは内心ヒヤヒヤしているんです。一応、南野には“大丈夫ですね”と念を押してあるようですが」(NHK関係者)

 南野は、すでに“その時”の覚悟はできているという。
 「すでに“布石”も打ってあります。また一からやり直す意味を込めての“ヘアヌード写真集”の発売です。この夏、ある週刊誌で見せたカラーのセミヌードグラビアが大きな反響を呼び、ヌードに自信を持ったようです。肌はツルツルスベスベ。おっぱいだって五十路とは思えない張りのあるEカップ。売れますよ、この写真集は」(出版関係者)

 南野の英断に期待しよう。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 南野陽子 NHK大河ドラマ「西郷どん」後の五十路ヘアヌード写真集(2)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP