RaMu 2018年12月27日号

Dr.みなみのSEXチン療所

掲載日時 2018年12月01日 23時30分 [官能] / 掲載号 2018年12月6日号

Dr.みなみのSEXチン療所
小島みなみ

「すっかり寒くなってきましたが、皆さんは風邪などひいていないでしょうか? 下半身丸出しでのシコシコも、ほどほどにしてくださいね。スカパー!エンタ959チャンネルでは、私と初川みなみちゃんがタッグを組んだ体験型バラエティー『Wみなみ』を放送中です。AVとは違う私も是非見てくださいね♪」

★35歳にして、初めて彼女ができました。付き合って3カ月、そろそろ初体験を済ませたいのですが、彼女には私が童貞だとバレたくありません。経験者と思わせる小技などありますか?(鹿児島県・35歳・男性)
「いや、バレます」

――断言ですか(笑)。
「絶対に、バレます。キス、ブラジャーの外しかた、クンニ、手マン、腰の振りかたまで、やっぱり経験のないぎこちなさは出てしまうものです。私自身、経験の浅い男性としたことがありますが、思い返すと“迷っている動き”が多かったんですよね(笑)」

――経験がないゆえに、動きに迷いが出る?
「次はどうしようかな…って考えているのが伝わってくるんです。迷いは下半身にも出ていて、勃ちがイマイチだったりするんですよ。あと、3カ月間も手を出さない時点で、私はバレていると思います。ここはもう、素直にカミングアウトしたほうが無難です」

――35歳で童貞…重くないですか?
「相手がそれなりに恋愛を経験してきた女性なら、少し重たく感じるかもしれませんね。だったら、カミングアウトゲームなんてどうでしょうか? 3枚の紙を渡して、真実を3つ書くんです。彼女に見せて、『実は童貞』と知ってもらう。彼女はゲーム感覚だから『知ってたよ〜!』って軽く受け止めてくれるかもしれない。オススメです!」

★過去にお付き合いした男性が全員浮気症でした。浮気をしない男性の見極めかたを教えてください(島根県・29歳・女性)
「イケメンは浮気しますね、キッパリ断言します。当然ですが、言い寄ってくる女性が多く、チャンスが多い。付き合いたての頃は甘い誘惑にも耐えられるでしょうけど、魔が差して、彼女じゃない女性にお●んちんを挿すときが来る…」

――上手いこと言いますね。
「私が過去にお付き合いした男性にもいました。お家にお邪魔し、洗面台に女性用の“ピンク色の歯ブラシ”がたくさんあったんです。まだ信用したいと思い、別の日に行ったら歯ブラシが移動してて…。『直前に来てるじゃん!』って大慌てで写真を撮り、友だちに『ちきしょう、浮気している!』ってメールしました(苦笑)。もうね、イケメンですよ、浮気するのは!!」

――みなみ先生は、別れる時は自分から? あるいはフラれるほうですか?
「自分からのほうが多いですね…、(小声で)飽きちゃうの。私、アクティブな男性が好きなんですよ。『海に行きたい!』『パラグライダーに乗りたい!』っていう行動派が長続きします。インドア派って、最初はよくても、どんどん心が冷めちゃうんですよね…。だから相談者さんも浮気されないように“飽きさせない”のがポイントだと思います。定期的に服装や髪型を変えたり、夜もマンネリしないようにSEXしたり。努力することが重要です」

★セックスフレンドに本気になられて困っています。とはいえ彼女とは体の相性がいいので、手放さず、関係を続ける方法はありませんか?(東京都・30歳・男性)
「贅沢な悩みですねぇ(笑)。相手女性の年齢にもよると思います。例えば、結婚適齢期なのに、思わせぶりでダラダラと関係を続けるのは、相手のチャンスを潰していることになりますから、潔く会わなくなったほうがいい。まぁ、若ければ『彼女ができた。でも、体の関係は続けたい』と正直に言うしかないと思います」

――それって、なかなかのダメ男ですね。
「ええ。激怒した女性に刺されるかもしれませんね(笑)。だって女性の恋心を踏みにじる行為をしているので、刺される覚悟くらいは持ちましょうよ」

――みなみ先生には現在、結婚願望はありますか?
「う〜ん、漠然とある程度です。最近は自分が結婚し、誰かと一緒に生活する姿が想像できない。本当は25歳の頃に結婚していたはずなのに…もう25歳。しばらく無理ですね(笑)」

★バックがどうしても上達しません。AV男優さんのように高速ピストンに憧れているのですが…。どう練習すれば上手くなりますか?(愛媛県・25歳・男性)
「まず、高速ピストンっていうのはAVならではの演出なので、覚えなくていいです。まして男優さんは巨根で、あの筋肉…。一般女性は快感よりも“痛さ”のほうが先にくると思いますよ。私自身は膣内が狭いので、かなり奥まで挿入されると正直キツいです。だから撮影前の打ち合わせで、『奥は痛くなる』って伝えて、男優さんには、一見派手に見える突きかたをしてもらっています」

――ゆっくりでも、女性は十分に気持ちいい、ということですね。
「そうです。ゆっくり、深くもピストンの一つの手段。あと、挿入角度を変えて、いわゆる“Gスポット”に当たるように突いてみたり。女性の表情や反応を確認して責めてみるのもよさそうですね。もしも鍛えたいならば、フラフープはどうでしょうか。腰回りの筋肉がつき、柔軟な腰つきができるようになるのでは?」

********************************************
小島みなみ
1992年12月14日、神奈川県出身。血液型=A型。趣味は散歩とディズニーランドで遊ぶこと。特技はテニス。T150、B85(Eカップ)・56・83センチ。最新作=『犯された新任女教師 〜生徒に犯され晒され輪姦されたわたし〜』(S1)が好評発売中! みなみ先生の新作情報は「S1」の公式サイトを要チェック!!(https://www.s1s1s1.com/top.html)

関連タグ:Dr.みなみ


官能新着記事

» もっと見る

Dr.みなみのSEXチン療所

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP