久松かおり 2019年4月4日号

松嶋菜々子と反町隆史大げんか「別居・離婚」説が急浮上

掲載日時 2018年12月25日 21時15分 [芸能] / 掲載号 2019年1月3日号

松嶋菜々子と反町隆史大げんか「別居・離婚」説が急浮上
松嶋菜々子

 “元祖視聴率の女王”と呼ばれた女優の松嶋菜々子(45)の2019年は、いろいろな意味で“松嶋一色”に染まるという。

 まず、女優として完全復活を遂げるべく取り組んでいるのが来年4月からスタートするNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』。広瀬すず(20)演じるヒロインのなつが、戦後、草創期のアニメ業界に飛び込むという物語。松嶋は戦争で両親を失ったなつの育ての母役で重要なキーマンを演じる。朝ドラ第100作という節目の作品だけに松嶋の気合いの入り方も尋常ではない。

 「出世作となった『ひまわり』(1996年放映)以来、23年ぶりの朝ドラ出演だから思い入れもあるのでしょう。誰よりも早くスタジオ入りするのが松嶋さんです。しかも、サンドイッチやおにぎりなどをコーヒー、お茶と一緒に現場に差し入れしてくれる。そればかりか、台詞は完璧で、広瀬の分まで台本なしに諳んじることができるんです。彼女の情熱に多くのスタッフが感化されています」(NHKドラマ関係者)

 朝ドラ『なつぞら』の放送は来年9月末までだが、それ以降のスケジュールもすでに埋まっているという。同10月から人気ドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)の新シーズンがスタートするようだ。
「松嶋は主演する『救命病棟24時』で完全復活を狙っているんです。過去の例を見ても、平均視聴率15%超えはほぼ確実でしょうから」(芸能プロ関係者)

 来年に勝負を賭ける松嶋だが、私生活となれば話は別らしい。夫で俳優の反町隆史(45)との間に微妙な亀裂が生じているという。結婚18年目にして離婚危機説が取り沙汰されているのだ。しかも、2人はすでに別居状態にあるという噂まで飛び交っている。
「東京・青山にある高級マンションに住んでいますが、最近はほとんど反町の姿を見かけないんです。なんでも反町が家を出て、現在、東京・練馬のマンションで1人暮らしをしているという話なんです」(制作関係者)

 松嶋と反町を知る関係者によれば、反町が自宅マンションを出てからすでに3カ月以上が経過しているという。そもそも、仲睦まじいと言われた2人に亀裂が入った要因と見られるのが仕事をめぐる対立だ。実は、松嶋と反町は来年10月からスタートするドラマで互いにライバルになる可能性が浮上しているのだ。
「フジが来年秋の編成から水曜ドラマ枠を復活させるプランを立ち上げたからです。フジの水ドラ枠は『平岩弓枝ドラマシリーズ』や『水曜劇場』を放映していた名門枠です。現在、放映中のバラエティー番組『ホンマでっか!?TV』を火曜21時枠に移し、視聴率の底上げを狙うんです。その結果、松嶋主演の『救命病棟24時』が来年10月の放送から水曜21時に編成される可能性が出てきたわけです」(事情通)

 水曜21時枠といえば、反町が出演する水谷豊主演の人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の真裏にあたる。フジテレビが噂通りに編成改革を実行すれば、まさに一騎打ち。「ドラマ史上に残る夫婦対決」として語り継がれること必定のガチンコバトルが展開されることになるのだ。

 当然、烈火のごとく怒ったのが反町だという。
「来年放映される『相棒』シーズン18の出演も内定しました。2代目の及川光博は足掛け4年、3代目の成宮寛貴は3年で卒業している。4代目相棒の反町は、シーズン18で異例の5年目に突入するわけです。その大事な時に身内から足を引っ張られる事になるとは夢にも考えていなかったようです。『救命病棟24時』は、そこそこ視聴率を取る。結果、お互いに数字を食い合う。場合によったら『相棒』がシングルになる可能性も否定できない」(関係者)

 松嶋も反町の立場を考え、悩んではいるようだ。迷った揚げ句、フジテレビ側に対し“水曜21時枠”の再考を迫ったという。
「本来、局の編成方針に口を出すのは筋違い。『だったら降りろ』という話になるのが関の山。だから松嶋も軽い要望としただけで、あまり強くは言っていなのが実情です」(フジ関係者)

 さらに、こんな話も。
「正直、松嶋が女優として仕事ができるテレビ局は限られているんです。史上空前の高視聴率を取った『家政婦のミタ』の日本テレビとは、続編をめぐって揉めに揉め、いまは出禁状態。いわば、フジは最後の砦でもあるんです」(同)

 仕事をめぐって不仲説が囁かれる中、2人の関係について「不安はあるものの、大丈夫だ」と太鼓判を押すのは、数々のドラマを手掛け、松嶋&反町とも家族付き合いをするフリーのドラマプロデューサー。
「確かに、2人はよくケンカをする。でも、言い合ったら終わりでさっぱりしているんです。別居といわれる練馬のマンションも、反町が東映撮影所近くの仕事用として借り上げただけ。『相棒』の撮影のためだ。だから、水谷よりも必ず先にスタジオ入りできる。彼が水谷に気に入られる一番の理由だよ」

 だが、“火のない所に煙は立たぬ”の例え通り、「2人の関係はかなりヤバイ」と言う声もいまだに聞こえてくるのだ。
「別居説に関しても、表向きは仕事用の部屋を借りたことになっているが、実際は家出に近い状態だという話だ。仕事のほか、娘の進学先をめぐっても松嶋とケンカが絶えなかったようですから」(前出・事情通)

“相棒”はどうなるか。


芸能新着記事

» もっと見る

松嶋菜々子と反町隆史大げんか「別居・離婚」説が急浮上

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP