竹内渉 2018年8月2日号

「育ててやった恩はSEXで返せ!」連れ子を妊娠させた継父の鬼畜犯罪(2)

掲載日時 2018年03月18日 23時00分 [事件] / 掲載号 2018年3月22日号

 その日、兄のテツは語学研修のサマースクールに参加していて不在、母親はパートで勤務中、弟は保育園に行っていた。家の中にいたのは夏季休暇中の山田とマユミだけだった。
 マユミがリビングで宿題をしていたところ、突然、山田がやって来て、いつものように胸を揉み始めた。
 「やめてよ、お父さん…」
 だが、その日はそれで終わらなかった。パンティーを脱がされ、陰部を触られるだけでなく、いきなりクンニリングスされたのだ。
 「いや、やめて…」
 ナメクジのような生暖かい舌が這い回る感覚に絶句した。山田はピチャピチャと音を立てながら、肉裂の隅々まで舐め回す。

 「よし、ジッとしてろよ」
 マユミの体が和机の上に乗せられた。両手と膝で四つん這いにされ、背後からガッチリと腰をつかまれた。山田は腰を落とし、一気に肉棒を押し込んできた。
 「いやぁー、痛いっ、裂けちゃう…、うああぁ…」
 「静かにしろ。じきによくなるんだ」
 ズブズブと突き入ってくる信じられないほど巨大な肉の杭。マユミは内臓が全部突き破られたかと思うほどの衝撃を受けた。
 「や、やめてぇー」
 「まだだ…、そらよ!」

 山田はマユミの腰をつかんでズンズンと自らの腰をたたきつける。
 「よし、いくぞっ!」
 こわばったうめき声が響き、膣の中でイチモツが一段と膨れ上がった。山田はためらうことなく、悪魔の精子を吐き出した。山田がイチモツを引き抜くと、マユミの処女の鮮血に混じって山田の精液が滴り落ちた。
 「ザーメンがいい具合にローション代わりになっているな。もう1回やろうか」
 「イヤッ!」
 山田は右へ左へと逃げるマユミの双臀を押さえ込み、すでに粘液を滴らせている肉裂めがけて、復活した肉棒の先端をねじり込んだ。
 「ひぃーッ!」
 再び肉裂を太幹が割った瞬間、凄絶な悲鳴が響き渡った。長大な肉柱がズズズッと姿を消していく。

 「もういやっ…、やめてぇ…、助けてぇーッ!」
 マユミは命からがら山田から逃げ出し、部屋の隅で子供のように泣きじゃくった。山田は怒りに任せてマユミの頬を張った。マユミは緊張の糸が切れたように床に倒れ込んだ――。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

「育ててやった恩はSEXで返せ!」連れ子を妊娠させた継父の鬼畜犯罪(2)

Close

▲ PAGE TOP