鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

人気女子アナ18人エッチなおっぱい「見せ方改革」(3) エロスのしのぎを削る女子アナ「乳フェース」

掲載日時 2018年06月10日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年6月14日号

 注目株となっているのは、テレ朝入社2年目の三谷紬アナ(24)。ここへきて、その圧倒的なボリュームは“凶暴な巨乳”とまで呼ばれるようになってきている。
 「入社1年目から『報道ステーション』のお天気キャスターに就任するなど、テレ朝もその“大器”ぶりには大きな期待を寄せています」(前出・芸能記者)

 彼女のおっぱいは、とにかくデカい。
 「入社直後は、今よりもほっそりしていましたが、仕事にも慣れ、本来の姿を取り戻した現在の爆乳ぶりに、一部週刊誌は“推定Fカップ”と報じていますが、あれはどう見てもGかH。NHKの杉浦アナや、テレ東の鷲見アナ以上にも見えますね」(テレビ雑誌記者)

 4月27日の報ステでは、スタジオにサッカーW杯のトロフィーがやってきて、サッカー好きの三谷アナは大興奮。
 「この日の三谷アナは、ワインレッドのニットで、ただでさえ巨大なバストの存在感がスゴかった。そこへきてのトロフィーの登場に、テンションを抑えようとしたのか腰の位置で手と手を握ったところ、胸を突き出すような格好になり、その横チチショットは放送事故級のド迫力。まだ若く張りがあり、バストトップがツンと上を向いた、爆乳ぶりが堪能できました」(同)

 巨乳アナを多く輩出しているテレ東の注目株は、'16年入社の片渕茜アナ(24)。
 入社前にはタレント活動を行っており、学生時代に打ち込んだダンスのキレにも定評があり、将来性十分。『ワールドビジネスサテライト(WBS)』の「トレンドたまご」や、『開運!なんでも鑑定団』のアシスタントという、テレ東の看板番組に早くもポジションを得ているのも、豊かなバストあってのことだろう。

 そんな彼女の魅力が炸裂したのは、3月26日の『WBS』。コンサートなどで使用する最新の「サイリウム」をレポート中に、なんと胸元もあらわなアイドル衣装に着替えて、得意のダンスを披露してくれたのである。
 「片渕アナは、スパンコールのチューブトップに半袖ジャケットを着て、ノリノリでダンスを踊り得意顔。激しい振り付けに、推定Eカップのバストが激揺れし、そのたびに谷間がチラチラ。他にも、サイリウムを手にオタ芸に挑むシーンでは、白いトップスの中で、まるで水風船のようなバストが大暴れ。同コーナーでは、先輩の相内優香アナが、おっぱい担当で名シーンをいくつも見せてくれましたが、今後は、片渕アナに引き継がれていくのでしょう」(前出・女子アナウオッチャー)

 テレ東は、'17年入社の角谷暁子アナ(23)も、いい働きを見せてくれている。
 「'14年のミス慶應に輝き、入社前は芸能活動も行っていた逸材で、スタイル抜群。3月9日の『よじごじDays』では、レオタードかと見紛う密着ニットで番組に登場し、推定Dカップの美乳ぶりを大アピール。4月24日の『ニュースモーニングサテライト』では、キャミソールのインナーが透けて見える白いトップスがセクシーでしたね」(同)

 日テレは、水卜麻美アナから『ヒルナンデス!』を引き継いだ入社3年目の滝菜月アナ(24)が、スレンダー巨乳で人気を集めている。
 「彼女はピンクが好きなようで、この冬、さまざまな種類のピンクニット姿でデカパイを強調して見せてくれました。先日は、逆さから読むと別の単語になる不思議な文字を解読しようと、テレビにお尻を向けて股の間から顔を出すという、ハレンチポーズを披露。白いズボンにパンティーラインがモロ出しになるハプニングがありましたが、照れながら、乱れた髪の毛を整える際にバストが両脇から寄せられ、ポヨンとバウンド。一粒で2度おいしい、お宝シーンとなりました」(同)

 エースアナの登竜門となっている『サンデージャポン』の7代目アシスタントに指名された入社2年目のTBS・山本里菜アナ(23)も、なかなかごきげんなバストの持ち主だ。
 「3月末まで出演していた『はやドキ!』では、フリーキャスターの堀口ミイナと、形のいいバストを4つ並べての朝刊スポーツ紙の紹介コーナーがお楽しみというお父さんもいたはず。彼女のバストは、お椀型の推定Dカップと手の届きそうなお手頃サイズ。チャレンジ精神旺盛なら、ノリもよさそうで、4月29日のサンジャポでは、ボディーを舐めるようなカメラワークでエッチに迫る場面がありましたが、爽やかな笑顔を見せてくれました」(前出・芸能記者)

 NHKでは、東京アナウンス室に異動してきて1年が経った、赤木野々花アナ(27)のバストの存在感が目立ってきた。
 「推定Fカップのロケット乳の持ち主で、ファンからは“赤木乳業”と呼ばれています。若くして熟女のような落ち着きと色気があり、濃厚フェロモンを大放出中です」(テレビ雑誌記者)

 ファンを喜ばせたのは4月22日に放送された『おやすみ日本』。白いパジャマ姿で登場してくれたのだ。
 「ふわふわと巨乳を揺らしながらの司会で、なんと乳首に塗る保湿クリームの話をしながら、自分のバストをギュッとおさえるという、エロすぎるシーンに、ファンは大喜びでした」(同)

 そんな彼女は、4月から『ニッポンのジレンマ』の新MCに就任している。
 「4月29日の放送では、光沢のあるブルーのワンピース姿で爽やかに登場しましたが、その巨乳は隠しきれず、思わず丸出しになったプニプニの二の腕から、おっぱいの柔らかさを想像してしまいました」(同)

 彼女たちが築く、新たなおっぱいの歴史に期待!

女子アナ新着記事

» もっと見る

人気女子アナ18人エッチなおっぱい「見せ方改革」(3) エロスのしのぎを削る女子アナ「乳フェース」

Close

▲ PAGE TOP