オートレース ★2020年も青山周平がオート界を引っ張る!

エンタメ・2020/01/18 15:00 / 掲載号 2020年1月30日号
オートレース ★2020年も青山周平がオート界を引っ張る!

画像はイメージです

閉じる

 昨年のオート界、青山周平が中心にいたのは言うまでもない。オートレースグランプリ、日本選手権、スーパースター王座を制し、年間SGを3V。獲得賞金もただ1人1億円を突破し、賞金王となった。2019年のMVPとなるのは、ほぼ間違いなさそうだ。

 ある選手が「青山が先頭に立つ前に抜かないとならない。先頭の青山を抜きに行くと、こちらに迫ってくる感じで抜けない」と語っていた。

 かつては先頭に立ちながら、幾度となく終盤に交わされて優勝を逸していたが、今は勝利する「コツ」を掴んでいるように思う。過去の敗戦が大きなバネとなっている印象だ。

 そして、SGでの活躍もさることながら、7月から5カ月もの間3着以内を継続して、記録し続けた点も素晴らしい。車券から青山を外せば、紙屑と化していたのだ。

 その点を本人に問うと「自分でもちょっと数えまして、60レース以上、絡めましたね。今後も、それは特に意識して3着は外さない事を一番に考えたい」との事。お客さんへの「貢献」を最優先課題としていたのが印象的だった。

 川口の正月レースでは過酷なスーパーハンデが響き、優出止まりだが「今イチ、エンジンが足りない」と言いながらも、しっかり優勝戦まで進出するのはさすが。

 今年も当分は、青山がオートレース界をリードしていきそうだ。

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事