松嶋菜々子“女優休業報道”に怒りの報復「美熟女フルオープン」計画

芸能・2020/01/10 18:00 / 掲載号 2020年1月9・16日合併特大号
松嶋菜々子“女優休業報道”に怒りの報復「美熟女フルオープン」計画

松嶋菜々子

閉じる

 女優の松嶋菜々子が、一部の「2020年以降女優休業」報道に激怒したという。

「松嶋を巡っては、12月17日発売の『女性自身』が“2020年から女優を休業する”などと報じ、衝撃が走りました。夫、反町隆史との間にもうけた現在、中3の15歳長女が来春から英国留学するのに合わせて同行するため、20年の仕事を所属事務所が断った…などと書かれたのです。しかし、所属事務所は同日、女優休業報道について公式サイトで“事実無根で誤った内容”“憶測で嘘の記事を書かれることにとても困惑”と怒りをあらわに全面否定したのです」(芸能記者)

 松嶋は01年に反町と結婚。小6の二女もおり、育児が一段落したともいえる。そうした中、松嶋が今回の報道に対する“怒りの報復”として、初の全裸を英国発で仕掛ける意向を固めているとの情報をキャッチした。

「長女は実際、英語やバレエを学ぶために英国留学し、松嶋も一定期間、同行するとみられています。その間、女優業ができない時期が生じますが、松嶋としては“休業”というネガティブな措置を取るつもりは全くない。それだけに、英国で極秘撮影した初ヌード発表で“裸の証明”をする計画を周囲に打ち明けているようです。芸術的雰囲気の裸身写真にし、意識高い海外系ファッション誌か写真集での披露を考えているとか」(芸能ライター)

 実際、20年の松嶋は年明けから大仕事が入っている。1月には主演、大沢たかおと夫婦役を演じる映画『AI崩壊』が公開。さらに織田裕二とタッグを組んだWOWOWの連ドラ『頭取 野崎修平』も始まる。

「休業報道を全否定しただけに、一時的に英国に滞在しても、20年は意地でもインパクトのある仕事を入れるでしょう。その目玉が“初ヌード”というわけ。松嶋は9月まで放送されたNHK朝ドラ『なつぞら』でヒロイン広瀬すずの育ての母親役を好演し評価を高めた。しかし、朝ドラのイメージが付き過ぎたため、本人は早く真逆のセクシーキャラを打ち出したがっていたところです。タイミング的にもちょうどいいと言えます」(芸能プロ関係者)

 松嶋は1991年、旭化成の水着マスコットガールとして芸能活動を本格開始。ファッション誌『ViVi』の専属モデルも務め、身長172センチのダイナミックなボディーとEカップ巨乳、腰のくびれ、超ハイレグ水着などで世の男性をセクシー悩殺しまくった。

「彼女は2子を産んだにもかかわらず、20代でハイレグ水着を披露したころのグラマラスボディーをキープしています。そこに“熟女フェロモン”が加わった肉体を公開したら、休業報道など雲散霧消し、騒然ですよ」(同・関係者)

 松嶋は近年、連ドラ『ドクターX』(テレビ朝日系)シリーズの主演、米倉涼子に“視聴率女王”の座を奪われ、ひっくり返す機会をうかがっていたという。

「松嶋は11年の主演連ドラ『家政婦のミタ』で平均視聴率25.2%、最終回40.0%という怪物的数字をたたき出し“視聴率女王”に君臨しました。しかし、16年7月期の連ドラ『営業部長 吉良奈津子』は平均7.1%と惨敗し、米倉に女王の座を持っていかれたのです。もしバストトップとくびれ、プリ尻を電撃公開すれば、一発逆転できる。20年の松嶋は、休業どころか再ブレーク間違いなしですよ」(スポーツ紙記者)

 休業報道でガ然、脱ぐ気になってきた?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事