祥子 2019年5月30日号

わくわく地方競馬

掲載日時 2019年05月11日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年5月23日号

わくわく地方競馬
画像はイメージです

 5月12日、盛岡競馬場で震災復興祈念盛岡愛馬の会協賛『南関東ジョッキーズフレンドリーマッチ』が開催される。浦和、船橋、大井、川崎の各競馬場を代表する8名と、岩手所属の6名のトップクラスの騎手が、岩手競馬を舞台に熱い戦いを繰り広げる、毎年恒例の騎手交流競走だ。

 南関東からは高橋哲也(浦和)、岡田大(浦和)、笠野雄大(船橋)、山中悠希(船橋)、吉井章(大井)、千田洋(大井)、山林堂信彦(川崎)、田中涼(川崎)の8名が選出。中でも高橋と千田は、地元岩手の出身とあって気合が入るはずだ。また、昨年の優勝者・笠野も連覇へと虎視眈々。

 当日は着順によるポイントを1レースごとに加算し、2レースの合計ポイントで優勝騎手が決まる。騎手紹介式や表彰式など、お楽しみイベントも開催予定。14名の騎手が繰り広げる熱戦をぜひ間近で見届けよう!

 さて、所変わって川崎競馬では15日、『第11回川崎マイラーズ』(SⅢ)が開催される。この川崎マイラーズから始まり、6月の京成盃グランドマイラーズ(船橋)、7月のサンタアニタトロフィー(大井)、8月のスパーキングサマーC(川崎)と続く南関東古馬マイラー路線は、真夏に向けて激しさを増していく。

 大荒れは少ないレースとして知られており、1番人気の成績は【5・1・0・4】、2番人気は【2・2・0・6】で、6番人気以下が優勝したことは一度もなく、確かに比較的堅く収まっている。川崎マイラーズ1、2着馬の前走を見ると、前走が重賞の馬の着順は【1・1・0・7】。特に2桁着順から巻き返す馬が目立つ。また、前走が特別戦の場合は【8・2・1・0】と、すべて3着以内。重賞常連馬の力を信じるのか、調子のよい素質馬を探し出すのか、どちらからでも狙うことができる。夏へと続くマイラー路線の動向を探る意味でも、この一戦は見逃せない。

 当日は、同レースの実施を記念して、競馬評論家の鈴木淑子、競馬好きの女優・渡辺舞、新聞雑誌で活躍する横山ルリカ3名の競馬好き「美馬女(びまじょ)」が、予想トークショーを披露する。

関連タグ:競馬


エンタメ新着記事

» もっと見る

わくわく地方競馬

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP