川崎あや 2018年3月1日号

有働由美子 「あさイチ」降板へ 大暴走するアラフィフ妊活

掲載日時 2018年01月24日 12時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年2月1日号

 NHKのエース、有働由美子アナ(48)が、朝の人気情報番組『あさイチ』降板情報を自らリークしたと噂されている。
 「元日付のスポーツ紙2紙が、有働が3月で、約8年務めた『あさイチ』を降板すると報じ激震が走った。有働は報道への言及を避けており真偽不透明ですが、強い意思を持っているのは確実。というのも、50歳を目前にして“最後の妊活チャンス”に本気でかけているのです」(NHK関係者)

 4月改編期のアナウンサー人事は通常、1月末に局内の委員会で最終決定されるため、その時期になればおのずと降板有無の結論が出る。ただ、今回の報道は、降板させてくれないことに悩んだ有働が、自ら仕掛けたと疑われているのだ。
 「'10年から番組を担当している有働は、連日、午前4時半起床という生活のため婚期を逃してきた。人一倍出産願望が強いだけに、“チャンスは今しかない”と覚悟を決めて、昨年、局に降板を申し入れたが、視聴率好調を理由に局側はOKしなかった。結果、一部関係者に有働自ら“降板情報”をリークし、局を揺さぶったというわけです」(同)

 現在、有働はチーフアナウンサーという管理職で、局長級のエグゼクティブアナウンサーに昇進目前だ。
 「とはいえ、1月末の段階で降板が認められなければ、電撃的に“妊活退社”に踏み切る可能性もゼロではなく、局内はピリピリムードです」(番組制作会社社員)

 問題は「妊活」の相手だ。最近、恋が報じられたのは、'13年から交際報道が続いている5歳年下の静岡の空調設備会社経営者だ。
 「遠距離恋愛で、多忙な有働が結婚に踏み切らないため、昨年、いったん破局しています。でも現実的に考えると、相手はこの男性しかいない。もし番組降板に成功したら、静岡に通って“妊活復縁”するとみられています。そして成功した時点で、入籍に踏み切る構えでしょう」(放送記者)

 有働は以前から、出産へのこだわりが強かった。'15年7月の『あさイチ』では、女性の閉経について「一番怖い」と本音を激白した。
 「特に意識しているのは、40歳を超えてから計4人も出産した後輩の青山祐子アナ。彼女の出産報道が出るたびに、有働は嫉妬の炎を燃やしており、最近では“5人産んでやる”と暴走子作りの決意まで、本気でこぼしています」(前出・NHK関係者)

 妊活待ったなし!

女子アナ新着記事

» もっと見る

有働由美子 「あさイチ」降板へ 大暴走するアラフィフ妊活

Close

▲ PAGE TOP