RaMu 2018年12月27日号

また“大正ロマン”モチーフ衣装に韓国ファンが激怒? 今度のターゲットは『文豪ストレイドッグス』

掲載日時 2018年11月13日 13時15分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

また“大正ロマン”モチーフ衣装に韓国ファンが激怒? 今度のターゲットは『文豪ストレイドッグス』

 漫画『文豪ストレイドッグス』(KADOKAWA)のとある衣装がネット上で議論を呼んでいる。

 日本の文豪たちがキャラクター化され、それぞれの代表作にちなんだ特殊能力でのバトルが展開されている本作。キャラクターには、太宰治、芥川龍之介などの昭和の文豪をはじめ、森鴎外や夏目漱石など明治・大正期の作家のほか、ドストエフスキーなど海外の作家も活躍している。

 そんな中、今ネット上で話題になっているのが、12月4日に発売される予定のヤングエース1月号に付録される扇子。扇子には5人のキャラが描かれているが、その中の一部キャラクターが大正ロマンを表現した衣装を着用している。また、今月12日から発売されている『文豪ストレイドッグス』のアニメショップでのくじでは、キャラクターが纏っている衣装が大正時代の軍服を連想させるものとなっている。

 これに反応したのが韓国のツイッターユーザー。『文豪ストレイドッグス』の公式ツイッターなどに「大正時代は韓国にとって植民地時代。美化しないでください」「植民地支配した大正時代をどうやってロマンにするんですか?」「大正時代風の服装をモチーフにした商品は売らないでください」という声が殺到。「文ストは大正ロマンを使用しないで」というハッシュタグも発生する事態となっている。

大正ロマンの衣装を巡っては、今年7月にもゲーム『あんさんぶるスターズ!』のライブツアー『あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour "Bright Star!"-』のユニットの衣装が大正時代の軍服をモチーフにしていると、一部韓国のネットユーザーの間で物議に。ライブの中断を求める運動にまで発展していた。

 とはいえ、この批判に対し作品のファンや日本のネットユーザーからは、「大正、昭和を生きた文豪をキャラクター化した漫画で大正の格好をして何が悪いの?」「大正ロマン風の衣装のどこが美化なんですかね…」「和風デザインが大正時代ぽいってだけで『戦争を美化するな』って…それは違うでしょ」といった擁護の声が多く出ている状態。また、一部では「自国の原爆Tシャツ問題を棚に上げておいてなんで文ストに文句言うんだろう」「原爆Tシャツは擁護するのに大正時代の衣装着てただけで批判するの!?」と、BTS問題に結び付ける声もあり、さまざまな議論が続いている。

『文豪ストレイドッグス』側からの対応は発表されていないが、日韓の歴史の捉え方のギャップがさらに広がる出来事となってしまったようだ。

関連記事
「朝鮮半島と日本が戦争」みのもんたの歴史誤認が炎上 ネットでは「豊臣秀吉の時代?」の声
「単にインパクト重視」だった? 原爆に続きナチファッション、BTS(防弾少年団)の炎上が続く
「原爆シャツグループ 紅白内定か」 防弾少年団(BTS)ファンから『モーニングCROSS』に苦情殺到
BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏
韓国人気グループBTSの秋元康作詞曲が発売中止 ファンの不買運動だけでない背景とは

芸能新着記事

» もっと見る

また“大正ロマン”モチーフ衣装に韓国ファンが激怒? 今度のターゲットは『文豪ストレイドッグス』

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP