独占入手! 後藤真希8000万円妊婦ヌード(1)

芸能・2015/06/29 20:00 / 掲載号 2015年7月9日号

 元『モーニング娘。』の“ゴマキ”こと後藤真希(29)が去る6月17日、自身のブログで妊娠を発表した。現在、妊娠4カ月。今年の冬にも第一子を出産する。

 彼女は昨年7月に3歳年下の一般人男性と結婚。周囲も想定通りの妊娠だった。
 「夫とは以前交際し、破局。ヨリをもどしてゴールインしたといいます。いま後藤はこれといった仕事がない。よく部屋でゲームに興じている姿を自身のブログで公開している。時間は有り余っているので、ゲームかセックスかの生活のようです」(モー娘。関係者)

 彼女の人生は、それこそ波乱万丈だ。父親は彼女が11歳のときに山で転落死。'07年、実弟が強盗傷害を起こして実刑判決。'10年には母親が自宅上階から転落死するなど不運の連続。
 「母親は弟の犯罪をひどく気にしていたようです。ルックスのよさを買われて芸能界デビューしたものの、10代半ばでキャバクラ遊びや飲酒、喫煙が発覚。事務所もクビということで母親も相当悩んだようです」(芸能プロ関係者)

 こんな家庭環境を象徴するように、後藤の芸能生活も山あり谷あり。'99年、彼女は14歳でモー娘。入り(第3期メンバー)する。
 「第3期の合格者は彼女一人。オーディション時から評価が高く、将来の“エース候補”だったんです。でも金髪とピアスというヤンチャぶりをリーダー・安倍なつみが徹底的に嫌った。並ぶときに、安倍が後藤の足を踏んだことがあるほど犬猿の仲でした」(前出・芸能プロ関係者)

 もともと後藤は下町育ちの“ヤンキー”が売り物。ルックスや歌は評価されたものの、デビュー当時から“浮いた感”は誰が見てもわかるほどだった。
 「派生ユニットとして『プッチモニ』『ごまっとう』などにも参加させたが、誰とも合わなかったというのが定説。結局はソロでやるしかなかったんです」(音楽ライター)

 そうした最中、起きたのが弟の問題だった。
 「本人が悪いわけではないにしろ、彼女も相当悩んだみたいですね。彼女は弟が犯罪を起こした直後('08年)にエイベックスグループに移籍していますが、やはりダークなイメージはどうしてもつきまとった」(前出・音楽ライター)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事