紗綾 2019年8月1日号

吹田市の交番襲撃33歳は、テレビ局役員の息子? 各ワイドショーで報じられず疑問の声

掲載日時 2019年06月17日 12時09分 [事件] / 提供元 リアルライブ

吹田市の交番襲撃33歳は、テレビ局役員の息子? 各ワイドショーで報じられず疑問の声

 17日朝に飛び込んできた、交番襲撃事件の容疑者が逮捕されたという一報。8時台の各局ワイドショーはトップニュースで伝えた。だが、その紹介の仕方にSNS上では「いつものように、マスコミは犯罪者の親へ突撃するんでしょうねえ?」「フジだけが元自衛官推しですね」「マスコミに都合の悪い事は隠すのね…」などと不信感が広がっている。

 一体どういうことなのだろうか?

 事件を振り返ろう。大阪府吹田市の府警吹田署千里山交番前の路上で16日朝、古瀬鈴之佑巡査が刺され、拳銃が奪われた。府警捜査本部は強盗殺人未遂容疑事件として捜査を開始。17日午前6時半ごろ、捜査員が東京都品川区在住の飯森裕次郎容疑者(33)を箕面市の山中で発見、逮捕したものだ。

 だが、この同容疑者の素性について、『とくダネ!』(フジテレビ系)では「元自衛官」を強く打ち出し、昨年11月からはゴルフ練習場のアルバイトとして打席の掃除やごみ清掃をしていたとだけ解説。さらに、『スッキリ』(日本テレビ系)も「元自衛官」とあっさり触れただけだった。

 もともと5発の銃弾が装てんされていた拳銃を所持し、逃走していた同容疑者。確保された当時、弾は4発しかなかったという。つまり1発、何かしらの目的で使われた可能性がある。そして、襲われた古瀬巡査は未だ意識不明の重体と言われている。こうした重大犯罪の犯人の場合、ワイドショーは根こそぎその過去を掘り下げるのに、今回はどうして経歴を扱わないのだろうか。

 「今回は父親が『息子に似ている』と通報したことから、捜査が進展したそうですが、実はこの父親の肩書きは一部ネット限定記事で『在阪メディア役員』と紹介されています。さらに、ネットではこの父親が関西テレビ役員の飯森睦尚氏という情報が駆け巡っています。また、容疑者はこの父親のコネで、系列局である岩手めんこいテレビに就職するもなじめず東京に戻り、ゴルフ場で働いていたとまで追跡されています。これを隠蔽しているとすれば、身内をかばう『マスゴミ』と言われても仕方ないでしょう』(同)

 今後、ワイドショーは忖度せず追及してくれるのであろうか。

関連記事
電車が遅れてもイライラしない、ヨーロッパ人に学ぶ“ストレスを生まない方法”
83歳の妻と44歳夫、夜の生活まで夫婦円満 高齢差恋愛はなぜか「ひとめぼれ」が多い?
指を切断する危機! ジェルネイルの施術を受けた20歳女性の壮絶体験に恐怖の声が殺到
「先延ばしグセ」は直せる! 第一線の研究者が導き出した先延ばし克服プラン
落ちるのは気分だけじゃない? “うつ病”だと気づきにくい身体の異変

事件新着記事

» もっと見る

吹田市の交番襲撃33歳は、テレビ局役員の息子? 各ワイドショーで報じられず疑問の声

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP