55歳ブリーダー、犬や猫を放置し熱中症で死なせる 汚物まみれの多頭飼育に怒りの声殺到

事件・2020/03/10 12:20 / 提供元 リアルライブ
55歳ブリーダー、犬や猫を放置し熱中症で死なせる 汚物まみれの多頭飼育に怒りの声殺到
閉じる

 犬を劣悪な環境で多頭飼育したとして、東京都府中市のブリーダー(55)が逮捕されたことが判明。その行動に怒りの声が相次いだ。

 逮捕された男は、昨年6月から7月にかけ、府中市のペット店で飼育していたシェットランド・シープドッグ2匹が、巻き爪になっていたにもかかわらず放置し、病院に連れて行くなどをしなかった。さらに、今年2月に同昭島市の倉庫で、犬9匹を排泄物まみれの劣悪な環境で飼育していたとして、動物愛護法違反(虐待)容疑で逮捕された。

 男は2009年にも手狭なペット店で犬150匹を飼育していたほか、昨年7月にも飼育する犬や猫38匹を熱中症で死なせている。さらに、今年2月の家宅捜索でも、保護されたペットの中に、激しく衰弱する犬や猫がいたそうだ。

 犬や猫を劣悪な環境で飼育し、売り捌いていた55歳の男は、警察の取り調べに対し、「週1回しか餌と水をやっていなかった。人手が足りず面倒を見られなかった」などと話しているという。
ペットを「売り物」としか思わず、愛を持って接していなかったブリーダーの態度に、「悪質なブリーダーを取り締まる法律を作って欲しい」「ムカつく。こういう悪徳ブリーダーは絶対に許せない。奴隷商売と一緒だ」などの意見が上がる。

 さらに、「なぜこういう人間をのさばらせておいたのか」「何度も虐待をしたのに、なかなか逮捕されたのはおかしい」「良いブリーダーもいるけど、こういうのもいる。金儲けでブリーダーをしている人間は厳罰を」「どこから来たかわからないような犬や猫をペットショップで飼わないようにしてほしい」と指摘もあった。

 いずれにしても、この男はペットを金儲けの道具として扱い、苦しい思いをさせている。今後、ブリーダーとして生きられないようにお願いしたい。

関連記事
事件新着記事