菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 堀北真希 地獄耳入手! 電撃入籍した清純女優のバージン新婚初夜(2)

掲載日時 2015年09月12日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年9月17日号

 そして、'12年にはNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』でヒロイン。同年大晦日の『NHK紅白歌合戦』では紅組司会を務め“全国区の女優”となった。
 「ただ、男性関係が具体的に浮上したことは、結婚までなかったと思います。“スキャンダル処女”どころか、正真正銘の処女と噂されたのは、このせいです」(夕刊紙記者)

 確かに、噂はあっても決定的シーンはキャッチされたことは一度もなかった。
 「最初は『野ブタ。をプロデュース』で共演した亀梨和也。亀梨が“俺たち運命じゃねぇ?”と言って口説いたとの噂が流れましたが、目撃談はありませんでした」(前出・芸能レポーター)

 その後、連ドラ『電車男』(フジテレビ系)で共演した伊藤敦史との“秋葉原デート”が報じられたが、文字情報だけで終わってしまった。
 「他にも、山下智久、生田斗真、松田翔太、『ゆず』の北川悠仁などとの交際情報が流れたこともありましたが、いずれも噂レベルでしかありませんでした。続いて関係が取り沙汰された小栗旬や向井理、『オリエンタルラジオ』のチャラい方の藤森慎吾も“話”だけでした」(前出・常山氏)

 かつてマスコミのインタビューに、
 「基本的に一人でいるのが好きですね。マイペースかも。最近は同級生が結婚することも多くて置いてきぼりな気もするけど、みんなと話していても恋愛観・結婚観にまったく共感できないんですよ。自分には結婚は必要ないんだな、と思っちゃって」
 と、話していたこともあった堀北。
 「中学時代は、学級委員にバスケ部の副キャプテンで生徒会副会長。高校では、最初のテストが学年で1位と、それはそれは超がつくほどの優等生。異性関係も慎重で用心深かったそうです」(芸能記者)

 それは、芸能界入りしても変わらなかった。
 「2年ほど前まで、彼女は“カゴの中の鳥”のような状態でした。業界では“辣腕”で知られる事務所の社長がガッチリと身辺をガードして、プライベートも管理。カゴの中しか知らないので、外に出しても自分からカゴの中に戻るような具合でした。例えば、ファッション誌の撮影では自分で着る洋服も決められず、携帯で社長の指示を仰ぐほどの依存状態でした」(芸能プロ関係者)

 昨年も、『嵐』の櫻井翔との熱愛報道があったが、当然の如く“幻”で終わっていた堀北の男関係。
 「それでも、昨年あたりから仕事の面で心身共に“大人の女”になろうという意欲を見せ始めていました。松本清張ドラマ『霧の旗』(テレビ朝日系)では、復讐のために真っ赤なミニスカートで男を翻弄する“稀代の悪女”を演じました。肌を露出させ男を誘う表情は、とてもエロかった」(ドラマ関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 堀北真希 地獄耳入手! 電撃入籍した清純女優のバージン新婚初夜(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP