菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 松井玲奈 女優転身! 全裸濡れ場覚悟の剃毛パイパン下半身(1)

掲載日時 2015年09月19日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年9月24日号

貞淑美女タレントの性白書 松井玲奈 女優転身! 全裸濡れ場覚悟の剃毛パイパン下半身(1)

 「あっちゃん(前田敦子)や優子(大島優子)より、大きくなるかもしれませんね」(芸能プロダクション関係者)

 『SKE48』の松井玲奈(24)が8月31日、名古屋市・栄のSKE48劇場で最後の公演を行い卒業した。
 「7年前、アイドルとして初めてステージに立った小さな劇場で、万感の思いを込めて歌い踊り、涙で2588日のアイドル生活にピリオドを打ったのです」(アイドルライター)

 アイドルとしての最後の曲は、『遠くにいても』だった。
 「故郷から旅立つ友に、同じ空を見て近くにいることを伝える応援歌は、再出発を決めた心境にピッタリでした。思わず、涙がこぼれてしまいました」(スポーツ紙記者)

 「この曲で、たくさんのメンバーの卒業を見送ってきました。SKEとして、一番最後に歌うのが、この曲であることがうれしい」
 と話した玲奈の震える声は、メンバー、ファンの心も揺らし、場内からはすすり泣きする声も漏れた。
 「2008年のグループ創設から絶対的エースに君臨した松井珠理奈(18)が“ひまわり”なら、玲奈は、道端にひっそりと咲く“かすみ草”でした」(音楽プロデューサー)

 踏まれても伸びようとする“芯の強さ”でファンの心をガッチリとつかんだ玲奈。
 お父さんたちには、プロ野球界における長嶋茂雄と野村克也の関係といえば分かりやすいかもしれない。

 予想通りセレモニーでは、かすみ草の花冠と花束を贈られた。
 「これからは、かすみ草よりは大きな花を咲かせたいと思います。バラは恐れ多いので、ユリの花ぐらいですかね」
 と言ったあと、自分らしい控え目な発言がつぼにハマったのか、ケラケラと笑った。

 そして、アンコールでの最後の挨拶。
 「次の花を咲かす準備を始めます。その花に太陽の光、水を与えていただきたい」
 と、涙ながらに締めくくった。
 「劇場内には抽選に当たった285人。周辺には約2000人のファンが集まりましたが、劇場外への挨拶は安全上の理由で中止となりました」(ワイドショースタッフ)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 松井玲奈 女優転身! 全裸濡れ場覚悟の剃毛パイパン下半身(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP