立民・枝野代表の“宇都宮餃子”ツイートが物議 「悲しくなった」ご当地も困惑、「公選法違反行為ギリギリ」指摘の声も

社会・2020/07/06 12:04 / 提供元 リアルライブ
立民・枝野代表の“宇都宮餃子”ツイートが物議 「悲しくなった」ご当地も困惑、「公選法違反行為ギリギリ」指摘の声も
閉じる

 5日に投開票が行われた東京都知事選挙を巡り、宇都宮餃子に同情の声が集まる事態となっている。
 事の発端となったのは、立憲民主党の枝野幸男代表が5日朝に公式ツイッターに投稿したあるツイート。その中で枝野代表は宇都宮餃子をおすすめするツイートを引用しつつ、「宇都宮みんみんで育った私は、18才で宇都宮を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず」「ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店 ビールもライスもないのが餃子の店 今もそう思うので全国チェーン『餃子の○将』の名前には違和感 味は好きだけど」と一見、宇都宮餃子について語ったツイートを投稿した。

 >>香港・周庭氏に「ゴメンなさい」号泣顔文字を投稿の議員に百田尚樹氏が怒り「何もしてない人間が言うなよ」<<

 しかし、枝野代表はツイートの中に2回入った「宇都宮」というワードにハッシュタグを付けていたことから、枝野代表の元には、立憲民主党が支援していた宇都宮健児都知事候補を意識しているという指摘が殺到。投票日当日の選挙運動は公職選挙法で禁止されていることから、「姑息」「公選法違反行為ギリギリをついてくるなんて卑怯」「関係ないことのために宇都宮や人気チェーン店を利用するなんて…」という声が集まっていた。

 また、そのほかにも、立憲民主党の中妻じょうた板橋区議会議員や段下季一郎筑紫野市議らも同様に「宇都宮」にハッシュタグを付け、宇都宮餃子に関するツイートを行っていたが、これを受け、協同組合・宇都宮餃子会の公式ツイッターは同日夜にツイッターを更新し、「宇都宮餃子をいろいろな方に美味しく食べていただきたいそう願って毎日各店の店主さんたちが頑張っています。それをもっとたくさん広めたい…ただそれだけです!!」とツイート。さらに、ハッシュタグで「エゴサしてびっくり」「そして少し悲しくなった」「宇都宮餃子を嫌いにならないでください」と記していた。

 このツイートに、宇都宮餃子会の公式ツイッターの元には「とんでもない風評被害を受けてしまいましたね…」「大切なものをこんな風に利用されたら誰でもそう思うよね」「変な風に使われてお気の毒ですね。餃子は好きなので嫌いになりません」といった同情の声が多く集まっている。
 枝野代表の元にはツイートの削除を求める声も寄せられているが、果たして対応するのだろうか――。

記事内の引用について
枝野幸男公式ツイッターより https://twitter.com/edanoyukio0531
宇都宮餃子会公式ツイッターより https://twitter.com/Gyozakai_u

関連記事
社会新着記事