菜乃花 2018年10月04日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 無人島で全裸の解放感 野生化セックスで昇天!

掲載日時 2017年05月26日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年6月1日号

(由里奈さん=仮名・23歳・OL)

 彼が中古の小さなボートを買ったので、無人島に行ってみました。
 青い海と空、太陽はサンサンと降り注ぎ、ボートはエンジン音を響かせながら小さな島へと向かいます。
 この島には以前は人が住んでいたので船着き場があり、操縦に不慣れな彼でもどうにか接岸に成功。

 島に上陸した途端、彼は「最高だぁ」とTシャツとズボンを脱ぎ、フルチンになります。
 私もたった2人だけの解放感から、スッポンポンに。生まれたままの姿で動き回れるのがこんなに気持ちいいなんて初めて知りました。
 「ブラジャーの束縛も、社会の束縛もここでは考えなくていいんだね?」
 こう聞くと彼は「そうだ! 自由を求めて砂浜まで走ろう」と叫びます。
 これが青春なんでしょうか? 私はEカップなので、走ると胸がブルンブルンと揺れますが、彼のペニスもかわいくプルプル揺れていました。

 それから浜辺に座り、足を少し開き気味にしていたら、彼の視線がギラギラとそこに注がれていました。
 「縄文人もこんな場面で興奮していたのかな?」
 変な発想に思わず笑っていたら、彼は呼吸を荒くしながら私を松林に誘います。
 「あの木につかまって、お尻をこっちに向けろ! すごくやりたくなってきた」
 後ろを振り向くと、彼のペニスはたくましくそそり勃っているではありませんか。
 彼はお尻の割れ目を広げ、硬いモノを押しつけて腰を振ります。
 こんな刺激であっという間に濡れてしまうと、ブチョッと後ろから熱い肉棒が挿入されました。
 「あ〜ああ〜、ああ〜っ」
 私はまるでターザンのような叫び声を出しました。これこそが、心の奥まで揺さぶられた快感の表現だったのです。
 強引なピストン運動に酔いしれて昇天すると、ガックリとお尻から崩れ落ちました。
 彼は島で野生に戻ったのか「オオーッ」と吠えながら、厚い胸をゴリラのように叩きます。

 しばらく2人でベタベタしていると、勃起したペニスにできた影が日時計の代わりになったみたいで、「そろそろ2時だ。帰るぞ」と彼は言います。
 スマホも時計も必要ない、こんな生活をずっとしたいと思いました。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 無人島で全裸の解放感 野生化セックスで昇天!

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP