☆HOSHINO 2019年6月27日号

自殺・病死・殺人 非業のアイドル!①

掲載日時 2018年12月29日 11時00分 [芸能]

●可愛かずみ

1997年5月9日/32歳没【死因】投身による頭蓋骨骨折

 元祖ロリ顔巨乳アイドル、可愛かずみは、あまりに男に遊ばれすぎた。可愛にはロマンポルノ出身という負い目があり、親しい友人には「男はカラダしか見てくれない」とこぼしていた。彼女と熱愛報道が流れた柳葉敏郎、明石家さんま、志村けん、田代まさし─みんな彼女の上を通りすぎていっただけだった。

 自殺未遂癖がある可愛は、最初につきあった柳葉敏郎のときにすでに睡眠薬自殺を数回はかっている。とことん尽くすタイプなのに、その度に裏切られ、もはや何回死のうとしたかわからない。男からすると、常に結婚や出産願望を匂わせてくるこの手のタイプの女は、ただ重いだけだった。

 結婚願望を強く持つ可愛は、次にスポーツ選手と恋愛した。芸能界の男たちの不実と違って、その恋愛は新鮮だった。相手は当時26歳だったヤクルトの川崎憲次郎投手。だが、川崎も可愛を結婚相手としては見ていず、しかも遠征先には恋人がいた。今度こそと思った恋も、また遊ばれただけ─この頃、心因性の過呼吸症も併発し、バッグにはビニール袋を忍ばせるようになっていた。

 だが、そんな可愛もついに2歳年下の外車ディラーと婚約。しかし、入籍を2カ月後に控えた1997年5月、彼女は川崎のマンション7階から飛んだ。婚約者にはツラ汚し、川崎にはいい迷惑なだけだった…。
(明日に続く)

関連タグ:アイドル


芸能新着記事

» もっと見る

自殺・病死・殺人 非業のアイドル!①

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP