葉加瀬マイ 2018年11月29日号

女子高生の顔に劇薬を噴射! 残虐“お礼参り”覆面ストーカー(2)

掲載日時 2016年03月27日 23時00分 [官能] / 掲載号 2016年3月21日号

 上田がここまで強情なのにはワケがある。7年前、上田は地元で相次いでいた通り魔事件の犯人として逮捕された。いずれも自転車の男が追い抜きざまに被害者の頭や顔を狙って凶器で殴るというものだった。
 ジョギング中に首を切りつけられた大学院生の男性(22)、後頭部を殴られて全治1カ月の重傷を負った会社員の男性(24)、傘で殴られて顔の骨を折り、全治3カ月の重傷を負った女子大生(18)もいた。
 警察が警戒する中、上田は公園内の遊歩道でアルバイトの男性(28)をハンマーで殴ったという殺人未遂容疑で逮捕された。

 上田は自宅前で刑事に取り囲まれた際、ズボンのポケットにアイスピックを隠し持っていた。また、自宅のパソコンには犯行現場の地名や凶器の種類を入力して検索した跡もあった。
 だが、このときも「どういうことか分からない」と一貫して否認。裁判で争った結果、「犯人と推認される事情はあるが、その証明は十分とは言えない」として、無罪になったのだ。
 「深夜に一瞬だけ見た被害者が犯人を識別できたかどうか合理的な疑いが残る。警察の面割り捜査で、捜査員が顔写真30枚の中に被告人の写真を含めなかったと証言したのは、被害者が被告人の写真を選び出せなかった事実を隠す目的だった可能性がある」

 検察側はこの判決を不服として控訴したが、二審判決も同じだった。これで上告を断念。上田の無罪が確定した。上田は冤罪のヒーローとなり、警察批判の急先鋒となった。
 「デタラメな捜査で冤罪になるところだった。警察は2度とこのようなことがないよう、再発防止策を考えてほしい。判決は当然の結論だが、警察の不適切な捜査について触れておらず、このような判決だと冤罪が繰り返される恐れもある」

 さらに逮捕時の新聞記事に誤りがあり、名誉を傷つけられたとして、新聞社と報道発表した警察に計720万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。
 警察に対する請求は認められなかったが、新聞社には「記事の一部が真実でなかった」として、22万円の賠償を命じた。上田は一躍“時の人”になった。

 それなのに1年後、高田美和さんに対するストーカー事件の犯人として、また逮捕されたのだ。
 美和さんとはアルバイト先の郵便局で知り合った。上田は別の部署で働いていたが、美和さんが休憩所で友人と話していると、必ず割り込んで入ってきた。
 帰りのバス停でも待ち伏せし、自宅マンションを突き止められた。学校へ行く途中も付きまとい、たまりかねた美和さんは警察に相談。上田はストーカー規制法違反容疑で逮捕された。
 「手紙を渡したかっただけだ。それが何でストーカー行為になるのか。心配のレベルが異常だ」
 だが、この件では懲役6月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡され、上田はこれに納得できず、最高裁まで争ったが棄却された。

 冤罪のヒーローが一転、笑い者になってしまい、その原因を作った美和さんは許せる存在ではなかったのだ。警察は「お礼参りの可能性がある」と警戒し、上田の釈放後、月2回ほど電話で連絡して異常がないかどうか確認していたが、美和さんの親から「もう大丈夫です」と連絡があり、警察がケアをやめた10日後に事件が起こった。
 「お前には被害者を狙う動機があるだろう!」
 「事件当日の自宅マンションの防犯カメラを見てください。自分が外に出る様子が映っていますか?」
 「防犯カメラに映らないように外に出る方法はあるじゃないか。そんなことは捜査員が実証済みだ」
 「それを自分が知ってたって証拠はあるんですか?」
 「防犯カメラに映ってなかったからといって、外に出なかったというアリバイにはならないぞ」

 それでも上田は犯行を認めず、公判になっても見苦しく言い訳を重ねた。
 「弁当店に男が預けたというレターパックと警察が差し押さえたレターパックが同一という証拠はあるんですか。その男が犯人だという証拠はあるんですか。親切心で拾った人がたまたまポストに入れようとしていただけなのかもしれない。弁当店の店主は警察に迎合させられている可能性がある。自分は被害者に近づいてもダメなのに、犯人と思われて陥れられている。マスコミのストーカーのイメージを利用して私を重い罪にしようとしているんです」

 美和さんは熱傷で顔が腫れ上がり、口の中の味覚が戻らなくなり、目にも重篤な障害が残った。事件後、初めて鏡を見て、「化け物の顔…」と半狂乱になった。
 被害者にどれほどむごい仕打ちをしたのか分かっているのだろうか。上田は全ての主張を退けられ、懲役7年を言い渡された。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

官能新着記事

» もっと見る

女子高生の顔に劇薬を噴射! 残虐“お礼参り”覆面ストーカー(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP