仲村美海 2018年10月11日号

体操のコーチが平均台に股間を強打 介抱しながらのセックスで即イキ! (理子さん=仮名・20歳・女子大生)

掲載日時 2018年09月06日 23時30分 [エンタメ] / 掲載号 2018年9月13日号

 私は平均台が苦手で、コーチからたった1人居残り練習をさせられていました。特に「前方ブリッジ」という平均台の上で倒立し、足を開く技ができず、イライラしたコーチはついに自ら見本を示すことになりました。

「いいか、足の開き方をよく見ていろ」
 さすがオリンピック候補選手だったコーチは、ピシッと技を決めてドヤ顔で平均台の上に立ちました。
 その瞬間、私の汗で足を滑らせ平均台に股間を強く打ちつけてしまったのです。
「ギャーッ、痛てぇ。タマが潰れたぁ〜!」
 台から転げ落ち、グルグル回転しながら痛みと格闘しています。競技種目に男子平均台がないのは、こんな事故を想定してのことだと察しました。
「コーチ、すみません。私のせいでこんなことに…」
 気が動転した私はとっさにアソコを撫でていました。すると、あれほどの激痛があったのにムクムクと大きくなって…。

「用具室まで運んでくれ。ここじゃ、恥ずかしいから」
 肩を貸して何とか部屋に入ると、まだ勃起は収まっていませんでした。
「コーチ、痛い部分は大丈夫みたいですね」
「バカ言うな。勃起、挿入、射精と三拍子そろって初めて男は正常なんだ」
 誘われていることを知り、無言で顔を赤くしていると、イライラしたコーチは「お前自身、したいのか? したくないのか?」と大きな声を出しました。
「それは…。したいです」
「じゃあ、早く脱げよ」
 実はコーチの勃起を見たときから、下着にシミができるほど潤っていたんです。レオタードは全部脱がないといけないので、胸も出すしかありません。
 彼氏も作らず、オナニーも我慢して体操漬けだった私の体は、もう淫乱な女の子になっていました。すぐにコーチの上に乗り、男根を体の奥に埋めました。
「ああっん、コーチ、すごく気持ちいいです」
 最初はゆっくり、だんだん早く動きます。セックスは高校2年生以来、久々なのですごく感じて、あっという間にイキました。
 コーチは痛みのせいでなかなかイケないみたいなので、手でしごきながらしゃぶり、抜いてあげました。
「平均台は下手だけど、フェラの才能はあるな」

 褒められて嬉しかったけど、今度は体操で評価されたいと思いました。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:官能小説

エンタメ新着記事

» もっと見る

体操のコーチが平均台に股間を強打 介抱しながらのセックスで即イキ! (理子さん=仮名・20歳・女子大生)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP