菜乃花 2018年10月04日号

西内まりや 主演ドラマ大コケでフジ“月9枠”3月で撤廃へ

掲載日時 2017年02月15日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年2月23日号

西内まりや 主演ドラマ大コケでフジ“月9枠”3月で撤廃へ

 1月23日からフジテレビで始まった、西内まりや(23)主演の『突然ですが、明日結婚します』が、案の定、“月9ドラマ”の初回視聴率で史上最低を記録。月9ドラマ枠自体が3月いっぱいで打ち切りとの情報が流れている。
 「フジ月9は、2014年に放送された『極悪がんぼ』が平均視聴率10%を割ってからケチがつき始め、昨年4月期の福山雅治主演の『ラブソング』も8.43%。10月に始まった山田涼介主演の『カインとアベル』では、史上初めて全話一ケタ台を記録したんです」(ドラマ関係者)

 フジは負の連鎖を断ち切ろうと、今年1月からの月9ドラマに竹野内豊主演のドラマを予定していたが、断られたという。そこで代わりに主演に抜擢されたのが西内だった。
 「西内は制作会見で『海外留学のために3カ月スケジュールを空けていた』と寝耳に水だったことを語っており、とにかく主演を探せば何とかなる、というスタッフのやる気のなさが伝わってきた。しかも、共演は一般に馴染みがないシンガーソングライターの山村隆太で、出演が決まったのは昨年11月末。さらに沢村一樹は年末ギリギリに決まったというから驚きですよ。そのため、1話目の収録が終わったのが放送2日前と、付け焼刃満載のドタバタドラマになってしまった。初めから視聴率を期待するほうが無理なんです」(ドラマ制作関係者)

 結果、初回平均視聴率はいきなり10%を切って8.5%。2話目はさらにそれを下回る6.9%となった。
 「5%を切るようなことがあれば、途中で打ち切るしかないでしょうね。すでにフジの編成担当者の会議では、月9ドラマ枠の存続か撤廃かの議論が持ち上がっている。亀山千広社長は撤廃について『微塵も考えていない』などと否定していましたが、『絶対ない』と言っていた加藤綾子アナは退社してフリーに転身している。誰も発言を信じていません」(フジ関係者)

 かつては、フジのブランドだった月9ドラマは、『突然ですが―』で最後になるかもしれない。

芸能新着記事

» もっと見る

西内まりや 主演ドラマ大コケでフジ“月9枠”3月で撤廃へ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP